仮想通貨による資金調達「ICO」の概要と税務上のポイント

今回は、「ICO」の概要と税務上のポイントについて説明します。※本連載では、仮想通貨と国際税務の両方に精通する税理士・柳澤賢仁氏が、仮想通貨の実態や税務上の課題等について分かりやすく解説します。

国税庁から最新情報のアナウンスが・・・

ビットコインが、ついに一時200万円を超えましたね(国産仮想通貨のモナコインも一時2000円を超えました)。

 

[PR] 2月15日(木) 無料セミナー@幻冬舎(東京)

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

 

まず、前回の記事に関して最新情報が出ましたので、チェックしていきましょう。12月1日、仮想通貨に関する税務上の取り扱いについて、国税庁から下記のアナウンスが出ました。まだ読まれていない方はぜひご一読ください。

 

仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

出典:国税庁ウェブサイト

 

いくつかポイントがありますが、トレーダーの方にとっては「4 仮想通貨の取得価額」が実務的にはキビシイかもしれません。

 

複数回違う値段で購入した同一通貨を売却等した場合、取得原価の計算は「移動平均法」が原則とのことです。トレーダーの方は計算しきれないくらい取引を繰り返しているケースが大半かもしれないので、計算根拠を示すのに相当な労力が必要なように思います。

 

また「5 仮想通貨の分裂(分岐)」、いわゆるハードフォークによって手に入れた新しいコインについて、取得時は無価値と考え課税しないと明示されたのは朗報です。

 

マイナーの方は、「9 仮想通貨のマイニング等」でマイニングした時点で収益を認識することが明示されましたので、お気を付けください。

 

さて、今回は、目の付け所が早い起業家からよく相談を受ける、

 

「ICOしたいんですけど!」

「税金どうなりますかね?」

 

という質問に対する回答と、ICO(Initial Coin Offering/仮想通貨による資金調達)の基礎知識に関して、簡単にお伝えしましょう。

独自の暗号通貨を発行し、資金を集める「ICO」

■ICO(Initial Coin Offering)ってなに?

 

ICO(Initial Coin Offering)というのは、新規株式公開(IPO/Initial Public Offering)に掛けた言葉です。IPOが株式での資金調達を表す言葉なのに対し、ICOはコイン(仮想通貨)での資金調達を表す言葉で、トークンセールと呼ばれることもあります。

 

起業家側は、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨建で資金調達をし、開発資金やマーケティング予算、法令遵守等にかかるコストに充当するのが一般的で、投資家には独自の暗号通貨を発行します。

 

エンジェル投資家やVC(ベンチャーキャピタル)などだけでなく、誰でも投資家として参加できるのが特徴的です。ただ、「未公開株詐欺」に近いような「詐欺コイン」も多いと聞きますので、個人投資家の方はくれぐれもご注意ください。

 

起業家側としては、証券取引所に株式公開するのは非常に手間がかかります。しかしICOであれば、非常に簡素化して表現すれば「ホワイトペーパーを書き、世の中にアナウンスするだけ」で、現実の法定通貨(日本円など)と即時換金可能なビットコインやイーサリアムなどを調達できます。

 

従来の事業で言えば「事業計画書」なのですが、「White Paper(論文)」と呼ぶのは仮想通貨独特の文化なのかもしれません。クラウド(群衆)から資金調達するという意味では、昨今のクラウドファンディングにも似ていますよね。

 

なお、元祖ホワイトペーパーは、ビットコインのホワイトペーパーです。いまの仮想通貨の盛り上がりは、このわずか9ページのホワイトペーパーからはじまったのですから、本当に「発明」と呼ぶにふさわしいものなのかもしれません。

 

Bitcoinホワイトペーパー
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

 

■日本人が関係している最近の有名ICO事例

 

私の知る限り、直近ではOmiseGoという決済系の仮想通貨(暗号通貨)が、最初のICOなのではないかと思います。

 

次にALIS。ALISは広告系の仮想通貨(暗号通貨)です。続いてCOMSA。COMSAはICOプラットフォームの仮想通貨です。最後にQASH。QASHは金融系の仮想通貨と考えればよいのではないかと思います。

 

個別事例についてここでは詳しく触れませんが、COMSAはテックビューロ社、QASHはQUOINE社という仮想通貨交換業者によるICOで、それぞれ100億円超の資金調達をしています。日本経済新聞などで報道されましたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

関心のある方は、ぜひ下記公式サイトなどをご確認ください。公式サイトには、通常ホワイトペーパーが掲載されているので、実際にそれぞれのホワイトペーパーを読んでみると勉強になると思います。

 

OmiseGo

https://omisego.network/ja/

 

ALIS

https://alismedia.jp/ja/index.html

 

COMSA

https://comsa.io/ja/

 

QASH

https://liquid.plus/ja/

ICOの税務処理は「3つのパターン」が考えられる

■ICOの税務

 

起業家(暗号通貨の発行体)側の税務です。ICOでは、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨建で資金調達をするわけですが、どのような会計処理・税務処理をするのが正しいのでしょうか?

 

実はこれ、一説によると、今日の改正資金決済法がICOを想定していなかったという噂話もあり、法律的にどのような取引になるのか、まだ明確ではないところがあるように思います。このあたりの疑問については、企業法務をご専門としながら、仮想通貨関係について知見を持つ弁護士の先生が何人かいるようなので、詳しくは専門家にご確認ください。

 

[PR] 2月15日(木) 無料セミナー@幻冬舎(東京)

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

 

ただ会計・税務は、その取引が法的に、また実体としてどういった取引なのかを判断してから処理する必要があるので、起業家と投資家がどういった契約に基づいてそのICO取引をしたのかが非常に重要になってきます。

 

まだまだ前例が少ない分野でどのような処理をすべきか悩ましいところですが、個人的には結局、会計・税務上は下記の3パターンしか考えられないと思っています。

 

1. 収益計上

独自のデジタルアセット(独自暗号通貨(トークン))を販売したと考えれば、トークンセールの名のとおり、会計上はセールス(売上)として認識。この場合、税務は課税です。

 

2. 負債計上

例えば「預託金」的な性質を持つ場合などであれば、会計上は負債として認識し、税務上も課税されないケースが出てくるのではないかと思います。

 

3. 資本計上

現行の法人税法第2条第16号、法人税法施行令第8条を読む限り、「資本等取引」に該当させることができないと思いますので、これは、少なくとも日本の税務では不可能だと思います。

 

つまり、会計の原理として、受け取ったビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、会計上は「借方」で資産計上すべきと思われ、相手方の「貸方」のパターンを考えると、結局は大きくこの3つのパターンしか考えられないということになります。

 

なお、諸外国の会計や税務の考え方はその国固有なので、もしかすると、どこかの国では簡単に「負債」や「資本」とできてしまう国があるかもしれませんね(※各国の法律に基づきます)。

 

次回は、トレーダーの方からよく言われる「移動平均法とかムリだし非現実的だと思うんですけど!」等々、現状の税制の限界と問題点について説明しましょう。それがなぜ「非現実的」なのか、私見を述べていきたいと思います。

 

[PR] 2月15日(木) 無料セミナー@幻冬舎(東京)

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

 

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際税務」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載国際税理士が教える「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

柳澤国際税務会計事務所 代表
株式会社柳澤総合研究所 代表
税理士 

慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程を修了後、アーサー・アンダーセン税務事務所、KPMG税理士法人を経て、2004年に独立。「大きくなったあのベンチャー企業も最初はフリーランスに近かった」「フリーランスのひとの中に明日のスーパースターがいるはず」と、日々、起業家やスタートアップ、ベンチャー企業、ビジネスモデルを研究し、積極的に情報発信を行っている。

独立後に支援したスタートアップのなかから2社のIPO(株式公開)が実現(2016年現在)し、現在も起業家の海外進出支援やビジネスモデル構築、ベンチャーファイナンス、M&Aなど幅広い分野で支援を行う。

ベンチャー三田会発起人。第30回(平成19年度)「日税研究賞」(税理士の部)を史上最年少(当時30歳)で受賞。主な著書に『お金持ち入門』(共著)、『資金繰らない経営』などがある。

グローバルビジネスや起業など、有益な情報満載の無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!
https://www.yanagisawa-accounting.com/vk/fmm/

著者紹介

税務セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

~ボーダレスで正体不明、しかしもう無視はできない仮想通貨。税務上の課題を中心に、その道の第一人者が徹底考察

講師 柳澤 賢仁 氏
日時 2018年02月15日(木)
内容

・投資対象としても確固たる地位を築きつつある仮想通貨。

 ボーダレスに形成される市場の実態とは?

・ビットコインも分裂。主要仮想通貨の特徴と取引所の仕組み

・なぜ人々は今、仮想通貨投資に熱狂するのか?

・投資対象としての仮想通貨の税務上の課題

・出国税とも関係あり!?

 投資家として知っておきたい仮想通貨をめぐる各種課題とは?

・知る人ぞ知る、マイナー仮想通貨の世界情勢について

・仮想通貨の税金、税務署はどこまで追えるのか?

 捕捉された場合、何が起きるのか

・保有し続ける(HODL/ガチホ)が正解:確定申告義務と理想の仮想通貨税制とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
税務セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

~ボーダレスで正体不明、しかしもう無視はできない仮想通貨。税務上の課題を中心に、その道の第一人者が徹底考察

講師 柳澤 賢仁 氏
日時 2018年02月15日(木)
内容

・投資対象としても確固たる地位を築きつつある仮想通貨。

 ボーダレスに形成される市場の実態とは?

・ビットコインも分裂。主要仮想通貨の特徴と取引所の仕組み

・なぜ人々は今、仮想通貨投資に熱狂するのか?

・投資対象としての仮想通貨の税務上の課題

・出国税とも関係あり!?

 投資家として知っておきたい仮想通貨をめぐる各種課題とは?

・知る人ぞ知る、マイナー仮想通貨の世界情勢について

・仮想通貨の税金、税務署はどこまで追えるのか?

 捕捉された場合、何が起きるのか

・保有し続ける(HODL/ガチホ)が正解:確定申告義務と理想の仮想通貨税制とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
税務セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点

~ボーダレスで正体不明、しかしもう無視はできない仮想通貨。税務上の課題を中心に、その道の第一人者が徹底考察

講師 柳澤 賢仁 氏
日時 2018年03月03日(土)
内容

・投資対象としても確固たる地位を築きつつある仮想通貨。

 ボーダレスに形成される市場の実態とは?

・ビットコインも分裂。主要仮想通貨の特徴と取引所の仕組み

・なぜ人々は今、仮想通貨投資に熱狂するのか?

・投資対象としての仮想通貨の税務上の課題

・出国税とも関係あり!?

 投資家として知っておきたい仮想通貨をめぐる各種課題とは?

・知る人ぞ知る、マイナー仮想通貨の世界情勢について

・仮想通貨の税金、税務署はどこまで追えるのか?

 捕捉された場合、何が起きるのか

・保有し続ける(HODL/ガチホ)が正解:確定申告義務と理想の仮想通貨税制とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧