ピンチの中に投資のチャンス⁉ バリ島アグン山噴火の影響

前回は、バリ島の不動産経営で「お値打ち物件」を発掘・購入する方法を事例とともにご紹介しました。今回は、バリ島の不動産におけるアグン山噴火の影響について、現地の様子とともにお伝えします。

現地の住民は噴火を楽観的に捉えている⁉

アグン山の影響による旅行者のキャンセルが止まりません。
警戒レベルが上がってから1ヶ月、観光客がめっきり減りました。

 

 

「アグン山は噴火間近」
「バリ島は危ない」
と世界中で報道されているわけですから、これは想定の範囲です。
実際はどうなっているのでしょう。
噴火については、自然現象なのでなんともいえませんが、
避難中の周辺住民は、なんと避難生活を満喫し
この状況を大いに楽しんでいるようです。
報道のお陰で世界中から寄付金が集まり、
物資や食料も支給されるにつれ、
「元の生活に戻りたくない」
「家に帰らなくていい」
「被災者のままでいよう」
というような、南国特有の楽観主義的な声も聞かれるようですが…。
被災地でコンサートなどの催しも開かれ資金源が集まり、

幸いにも当面は「飢える」というような状況にはならないでしょう。

 

むしろキツい状況なのは、被災地から離れた観光地でしょう。
観光客が多い南側の地域では、噴火の影響があるとしても
火山灰が降る程度で、その影響はほとんどないそうです。

 

噴火の被害があるのは、噴火口から10キロ圏内で、
「スミニャック」で70キロ、「ウブドゥ」でも40キロ。
これらの地域は、被災地ではないから寄付金などはなく、
風評被害だけはモロに受けてしまっています。

弱気になるヴィラの所有者だが…

ホテルやヴィラのキャンセルが相次ぎ、
キャンセル率は50%以上。
稼働率75%以上の高稼働のヴィラでさえ、
30~50%の稼働率になっている有様です。
新規のヴィラでは、予約サイトのレビューもなく、旅行業者での実績がないため
予約がほとんど入らない厳しい状況です。

 

なんとかしたい、と思いますが、

「期間限定のサービス」の導入くらいしか思いつきません。

この状況は、いつまで続くのでしょう。

 

一方、こんな状況ですので、ヴィラの所有者(売り主)は弱気になっています。
「多少、安くなっても仕方ない」
という価格になりつつあります。

 

バブル崩壊、リーマンショック、など

歴史的にピンチの後に投資のチャンスのタイミングがあることは証明されています。

この噴火騒ぎは永久に続くわけではありません。

これだけ弱気の投資家が多い中、

今がバリ不動産投資には絶好のタイミングではないかと思いますが…。

本連載は、株式会社IINの代表取締役・三浦純健氏のブログ(https://ameblo.jp/baliclub/)から転載・再編集したものです。
その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載日本人のためのインドネシア「バリ島」不動産投資入門

株式会社IIN Indonesia Investment Net 代表

国内ではホテル11軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃのECビジネスなど
8社を経営し、バリ島では不動産事業を行っている。
投資においては、ホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど
複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。

大学卒業後、野村證券に入社。
24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの会社を乗っ取りで失う。
その後、政治家を目指し、衆議院議員秘書になるが、議員の選挙落選で無職になる。
再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、不動産投資、ネットビジネスなどで、
グループ年商40億円となる。
しかし、保証人となった友人の会社の倒産、さらに詐欺に遭い、すべてを失い、数億円の借金を負う。

それから8年。バリ島での不動産とホテル事業で復活する。

将来は、数え切れない失敗をしながら復活した経験を元に、若者の起業や事業再生のお手伝い、
また子ども好きなことから、子どものための事業をやりたいと考えている。

「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、単純に楽しいです。
リスクが取れる人、遊び心がある人には向いています。きっと若い頃のワクワク感を味わっていただけるでしょう。」

著者紹介

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

日本人も投資可能「インドネシア・バリ島不動産」の最新事情

~リゾート向けのショートステイ「中古ヴィラ」という独特のマーケットを形成するバリ島最新事情を、現地専門家から学ぶ

講師 三浦 純健 島本良乍 氏
日時 2018年04月04日(水)
内容

・なぜ今、インドネシア・バリ島の人気が再燃しているのか?

・利回り15%超物件もあるバリ島の不動産事情

・バリ不動産投資の具体的な手順と留意点

・不動産契約の重要プレイヤー「ノタリス」とは?

・注目の物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧