強膜炎治療による副作用は?・・・「強膜炎」に関するQ&A②

前回に引き続き、「強膜炎」に関するQ&Aを見ていきましょう。今回は、強膜炎治療による「副作用」に関する疑問等を紹介します。

ステロイドにより「眼圧上昇」が起きるケースも

Q:強膜炎のため、点眼薬や内服薬で治療中です。それで効かなければ、ステロイドの注射をすると言われましたが大丈夫でしょうか。

 

A:ステロイドには、眼圧上昇などの副作用が起きる可能性がゼロではありません。したがって、慎重に経過を見ながら行います。

出血を繰り返す場合は、結膜の手術も選択肢に

Q:6年前から強膜炎で通院しています。同時に結膜下出血も起こしています。最近は出血がひどく、ほぼ毎日出血を繰り返しています。なんとかして治したいです。

 

A:強膜炎で結膜下出血を繰り返す原因としてまず考えられることは、ドライアイです。眼球と結膜の摩擦が強くなり、まばたきとともに結膜が引っ張られることで血管から出血します。

 

他にも結膜弛緩症で、結膜にゆるみがあるとまばたきをした際に、結膜の血管が引っ張られて出血します。結膜弛緩症で頻繁に出血が起こる場合は、結膜の手術で治すことも可能です。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載目やに、かゆみが発症のサイン!? 目の炎症にまつわるQ&A

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧