半年前の領収書・・・会社の経理に精算してもらうことは可能?

今回は、半年前の日付の領収書の精算が可能かどうかを見ていきます。※本連載は、公認会計士・税理士の梅田泰宏氏の著書『知らないとヤバい!領収書・経費精算の話』(PHP研究所)の中から一部を抜粋し、領収書の基礎知識や経費精算のルールについて解説します。

「同年度内」であれば、税務上は精算可能だが・・・

税務のルール上から言えば、その領収書の日付が現在の日にちと同年度内であれば精算できます

 

三月末が期末の会社であれば、「ある年の四月一日から翌年の三月三十一日まで」は「同年度」と見なされます。今日が三月三十一日であれば、半年前の「九月三十日」も同年度です。よって、今日の日付で精算伝票を切れば、九月の日付が入った領収書も、税務上は今年度の経費として処理できることになります。

 

ところが、期末をまたぐと、精算は難しくなります

 

今日が四月一日であれば、半年前の十月一日は「前年度」ということになります。この十月の領収書は、前年度の会計に計上しなくてはならないというのが税務上のルールです。

 

新年度になってから前年度の日付の領収書が回ってきても、経理担当者がすでに前年度の会計処理を終えていたら、その領収書はもう処理できません。

ポイントは「期末をまたぐかどうか」

ですから「半年前」と言っても、「期末をまたぐかどうか」で事情は大きく変わってきます。この「期末と経費精算のルール」については、『知らないとヤバい!領収書・経費精算の話』の第2章でさらに詳しく説明しています。

 

とはいえ、これも社内規定が定められていれば、それに従うべきです。

 

「領収書の日付から一カ月以内に精算伝票を経理に回すこと」などと定められていれば、いくら同年度内であっても、半年前の領収書は認められません。

 

会社というのは、組織のルールを優先して動くもの。「どうしてこの領収書はダメなの?」と文句を言う前に、精算期限について社内規定で定められているかどうか、一度きちんと確認してみてください。

 

[図表]半年前の領収書でも同年度内なら精算できる

 

図版・イラスト:桜井勝志

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「節税」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

梅田公認会計士事務所
税理士法人 キャッスルロック・パートナーズ
公認会計士・税理士 

1954年、東京生まれ。公認会計士、税理士。中央大学卒業後、監査法人中央会計事務所(現・みすず監査法人)入社。1983年、梅田公認会計士事務所を設立。企業における幅広いコンサルティング活動を精力的に行なう。2004年、社会保険労務士、司法書士との合同事務所「キャッスルロック・パートナーズ」を設立。2006年、税務部門を税理士法人として新たなスタートを切った。

著者紹介

図解 知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

図解 知らないとヤバい!領収書・経費精算の話

梅田 泰宏

PHP研究所

領収書や経費精算についての知識を持っていると、 ●確認に余計な時間や労力を取られないので仕事が速くなる! ●無用なトラブルに巻き込まれることを防げる! ●周りの人から「さすが! 」と思われる! 本書は 「レシートっ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧