年金だけで暮らすのは無理!? 「定年後」の厳しい現実

前回は、人口減、低成長などをはじめとしたサラリーマンを取り巻く厳しい金銭事情を紹介しました。今回は、年金だけでは生活できない、「定年後」の厳しい現実を見ていきましょう。

年金をあてにした老後の計画はあまりにも危険

仮に定年まで何とか乗り切ったとしてもその先があります。老後にお金がないというのはさびしいものです。

 

総務省の調査(2013年)によると、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみ無職世帯の支出額は1世帯当たり月27万2455円。このうち21万4863円は公的年金などの収入でまかなっています。では残りの5万7592円はどうするかといえば、不足分として預金などを切り崩す必要があるわけです。

 

日本人男性の平均寿命が約80歳として、最低でも15年は毎月27万2455円の支出が続くと、いくら必要か計算してみましょう。

 

27万2455円×12か月=326万9460円(1年間に必要なお金)

326万9460円×15年間=4904万1900円(老後に必要なお金の総額)

 

これからの日本は、世界中のどの国も体験したことのない超高齢社会を迎えます。そのため年金は、サラリーマンなどの現役世代が保険料を支払い、その保険料で高齢者世代に年金を給付するという「世代間扶養」の仕組みが今後も維持できるとは誰も言い切れません。仮に維持できたとしても受給額は、確実に今よりも減るでしょう。

 

事実厚生労働省は、このまま経済が成長しなければ、皆さんの世代が年金を受け取るときの金額は、現在の約63%から約35%にまで減ると試算しています。

 

年金をあてにした老後の計画はあまりにも危険といえます。まったく出ないということはないとしても、安心のためにはたとえ年金がゼロでも暮らしていける蓄えが必要です。前述の計算でいえば定年を迎えた時点で約5000万円貯蓄があればひとまず安心といえそうです。

定年後に安心して暮らすには「年収+200万円」必要

前述の金額はあくまで平均値ですから、老後をどこで暮らすかによって大きく変動します。

 

国や自治体の補助金が出ている特別養護老人ホームは、入居金がなく、月々の利用料も1人当たり10万円前後と安価なので現状の年金受給額を維持できていれば入居可能でしょう。しかし、その安価さゆえに待機者が多く、入居申請から入居まで数年かかることも珍しくありません。また、相部屋しか空かないというケースもあるので落ち着いて暮らしたい人には向きません。

 

その対極にあるのが、民間企業が運営する有料老人ホームです。この施設は比較的豪華なつくりが多く、高級マンションと見間違えてしまうようなものもあります。居室も広めの個室で、その分費用がかかり、入居一時金は1人当たり数百万円から数千万円。毎月の利用料は十数万円から数十万円、となれば、年金だけで住むことは、まず不可能です。

 

平均的な支出でも毎月6万円近い赤字、少し豪華な老人ホームを望めば数百万円以上の一時金・・・。老後は必ず、ある程度まとまったお金が必要になるのです。

 

仮に40歳なら定年まであと25年です。5000万円を25年で貯めるとすると、現在の年収にプラスして200万円はなければ、老後の生活に不安を抱えることになります。

 

しかし、家族が喜ぶディズニーランドも海外旅行もあきらめ、ぎりぎりの生活で200万円を積み立てていくのは、あまりにもさびしい人生です。それどころか、少しでも子に良い教育をと考えるなら、あるいは少しくらい生活に余裕をと考えるなら、もう100万円プラスして収入がほしいところです。

 

サラリーマンとしての年収500万円にプラスして、副収入でプラス300万円の合計800万円。年収500万円アップと言われれば難しいかもしれませんが、300万円であれば、すぐにでも実現することができる方法は実はあるのです。

本連載は、2014年11月27日刊行の書籍『サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載サラリーマン業と「アパート経営」の両立で年収+300万円を手に入れる方法

株式会社アメニティジョイハウス 代表取締役社長

1974年生まれ。不動産コンサルティング技能登録者。宅地建物取引主任者。賃貸不動産経営管理士。一級土木施工管理士。東京都、千葉県を中心に土地選びからアパートの施工、賃貸管理まで一括した、ローコスト&ローリスクのアパート経営を提案する株式会社アメニティジョイハウス代表取締役社長。会社のホームページが口コミで反響を呼び、サラリーマンを中心としたアパート経営による資産形成の相談が絶えない。

著者紹介

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

田脇 宗城

幻冬舎メディアコンサルティング

広がる格差、上がらない給与、将来に備えた生命保険や家のローンに子どもの教育費・・・。働けど働けど出費は増える一方なうえに、将来に対するお金の不安も拭えないという30代のサラリーマンは多いでしょう。 年収がプラス300…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧