経費を使う=「本当の節税」にはつながらない理由

賃貸経営の成否の鍵を握る「税金対策」。本連載では、税理士・司法書士で、渡邊浩滋総合事務所代表の渡邊浩滋氏の著書、『大家さん税理士による大家さんのための節税の教科書』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、「賃貸経営」のための出費なのか、「生活」にかかわる出費なのか、この線引きがわかりにくい経費、いわゆる「グレー経費」を必要経費とするためのポイントを説明していきます。

経費を増やすことで税金を減らせるのは確かだが…

「経費を使えば節税になる」とよく聞きますが、それは本当でしょうか?経費を増やして赤字にするほど、実際の収益は上がるのでしょうか?まずは、具体例で考えてみましょう。「収入・支出・税金」だけを使い、経費を増減させて、手残り金額を比較してみます。

 

①収入1000万円、支出(経費)500万円の場合

 

収入:1000万円

支出(経費):500万円

差引:500万円

税金:110万円

手残り:390万円

 

②収入1000万円、支出(経費)700万円の場合

 

収入:1000万円

支出(経費):700万円

差引:300万円

税金:50万円

手残り:250万円

 

上記を見ると、経費を増やすことによって税金は110万円から50万円と、半額以上の60万円が減額されています。これだけに注目すると、「節税」が大幅にできたように思えます。では、手残りの金額はどうでしょうか。390万円から250万円へと、140万円も減っています。

 

経費を増やすことで確かに税金を減らせることがわかりましたが、それ以上に手残りが大幅に減ってしまうことが判明しました。では、なぜ手残りも減ってしまったのでしょうか。それは、支出(経費)はお金が100%出ていきますが、税金は100%は出ていかないからです。

 

所得税は5%~45%の間で、段階的に税率が適用されます。住民税は一律10%です。所得税・住民税を合わせると、15%~55%の税率で税金を払うことになります。

 

もし、自分の税率が30%の場合、100万円を経費で使うと、30万円の税金が減ることになります。しかし、70万円は実際にお金が出ていっているのです。つまり、経費を使うことは、節税にはなりますが、「お金を残す」という意味での「本当の節税」にはならないということです

「経費の使いどころ」を間違えないことが重要

実際にお金が出ていっていても、「節税」という言葉には不思議な魔力があり、「節税になりますよ」と言われた途端に、財布のヒモが緩んでしまう人は多いようです。

 

「経費を使う」という目的があり、そのために支出をするなら問題ありません。しかし、「お金を残したい」「手残りを増やしたい」と考えるのであれば「経費の使いどころ」を間違えないことが重要です。

 

確かに、税金をたくさん払うと損をした気分になりがちですが、「ムダな経費を使うより税金をきちんと払った方が、手残りは多くなる」ということを理解しておきましょう。

 

まさに賃貸経営は「欲」との戦いです。「税金を払いたくないという欲」との戦いに打ち克たなければいけないのです。本当に資産家になりたいのであれば、出家するしかないかもしれません(笑)。それほど、自己を律すること、己に打ち克つことが重要なのです。

本連載は、2017年6月21日刊行の書籍、『大家さん税理士による大家さんのための節税の教科書』から抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「税金」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「節税」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載成功する賃貸経営・・・「グレー経費」をきっちり経費化する方法

税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所代表 税理士
司法書士
宅地建物取引士

1978年、東京都江戸川区生まれ。明治大学法学部卒業。税理士試験合格後、実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。退職後、2011年12月、同事務所設立、現在に至る。司法書士の資格を活かし、不動産のスペシャリストとして税務だけでなく法律面の観点からもトータル的なアドバイスを提供。
『「税理士」不要時代』(幻冬舎)、『相続対策の常識ウソ?ホント?』『大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q & A』(ともに清文社)、『大家さんのための超簡単!青色申告』(クリエイティブ ワークステーション)など著書多数。

渡邊浩滋総合事務所 http://www.w-sogo.jp/

著者紹介

大家さん税理士による 大家さんのための節税の教科書

大家さん税理士による 大家さんのための節税の教科書

渡邉 浩滋

ぱる出版

買うとき・持つとき・売るとき・・・大家さん!その税金、払いすぎていませんか? 本書は、99%のクライアントが大家で、自身も大家さんである不動産専門税理士が、ガッツリお金を残すための節税法を、知識ゼロからわかりやす…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧