統計データから読み解く「日中の経済関係」の現状

今回は、統計データを基に「日中の経済関係」の現状を見ていきます。※本連載は、経済産業審議官、内閣官房参与などを歴任した豊田正和氏と、元海上自衛官で北京の日本大使館で防衛駐在官を務めた小原凡司氏の共著書『曲がり角に立つ中国――トランプ政権と日中関係のゆくえ』(NTT出版)の中から一部を抜粋し、成長減速という曲がり角に立つ隣国「中国」と賢く付き合う道を探ります。

太陽光、不動産…急速に増加する中国の「対日投資」

前回の続きです。

 

さて、日中関係は、どうなっているのか。深まっても浅くならないのが、日中経済関係である。データ(JETRO、外務省等)により、いくつか整理してみよう。

 

第一に、通関統計で見る中国の二〇一五年における貿易関係――日本にとって中国は最大の貿易相手国であり、中国にとって日本は米国に次ぐ第二の貿易相手国(二七八七億ドル)である。中国の輸出相手国(香港、台湾を除く)として日本は、米国に次ぐ第二位(一三五七億ドル)で、中国の輸入相手国として日本は、韓国、米国に次いで第三位(一四三〇億ドル)であり、通関ベースでは中国側が七三億ドルの赤字となっている。

 

ただし日中貿易については、JETRO「世界貿易投資報告2016年版」にも記載されているとおり、右記「通関ベース」よりも実態に近いと考えられる「双方輸入ベース」(財務省貿易統計と中国税関統計での日中貿易)で見ると、二〇一五年の貿易総額は三〇三三億ドル、中国の対日輸出(日本の輸入)一六〇六億ドル、対日輸入(日本の輸出)一四二七億ドルとなった。その結果、貿易収支は日本側の一七九億ドルの赤字となっている。

 

第二に、二〇一五年における投資関係――日本の対中投資は、シンガポール、韓国に次いで世界で第三位(香港、台湾を除く)、三二億ドル。前年比二六%減。中国にとっての投資先(香港、台湾を除く)として、日本は第三三位、二・四億ドル(前年比三九%減)。しかし、日本の対中投資は再投資という形でなされており、現実の投資は大きく減っていないようだ。また、中国の対日投資も急速に増えており、かつ、香港、ケイマン諸島経由のものも少なくなく、実態はより大きな投資額となっている可能性もある。分野別には、太陽光発電建設投資、不動産投資や、中国人観光客も見込んだ観光分野への投資等が増えている。中国企業による、精密機械分野における日本の中小企業の買収も進んでいるようだ。

ますます「依存関係」を深める日中

第三に、訪問人口の推移――二〇一五年に、訪日中国人数が訪中日本人数を初めて上回り、ほぼ倍約五〇〇万人となった。訪中日本人数は二〇〇七年の約四〇〇万人がピークで、二〇一五年は約二五〇万人に減少している。二〇一四年には訪中日本人と訪日中国人はほぼ拮抗しており、やや訪中日本人が上回っていた。一年の変化はきわめて大きい。いわゆる爆買いも反映しているようだ。

 

第四に、人的交流、留学生の推移。二〇一五年時点で、日本への留学生は約二一万人、その半分近くが中国からの留学生だ。近時横ばいにある。日本の対中留学生も増加しており、文部科学省が集計した最新二〇一三年時点では、日本人留学生約五・五万人のうち一・七万人が、中国で学んでいる(文部科学省「文部科学白書」及び独立行政法人日本学生支援機構資料)。

 

ちなみに、著者書籍『曲がり角に立つ中国――トランプ政権と日中関係のゆくえ』(一九九ページ)で詳述したが、ユネスコ統計では二〇一五年時点で、海外留学生を国別にみると、中国が約八三万人で世界一位、インドが二位(約二三万人)、ドイツが三位(約一二万人)、韓国が四位(約一一万人)となっている。日本人留学生は、約三万人(三三位)である。

 

これらの動向をどう見るか。日中関係は、相対的にはともかく絶対的には、ますます依存関係を深めている。とりわけ人的交流が深まっているのは、未来永劫の隣国、至極当然のことだ。

 

この記事は次回に続きます。

本連載は、2017年7月6日刊行の書籍『曲がり角に立つ中国――トランプ政権と日中関係のゆくえ』から抜粋したものです。その後の改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「中国」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載成長減速という曲がり角に立つ隣国「中国」との付き合い方

一般財団法人日本エネルギー経済研究所 理事長

1949年生まれ。1973年通商産業省入省。
OECD国際エネルギー機関勤務を含め、貿易・エネルギー・環境などの分野で幅広い経験を積む。経済産業審議官、内閣官房参与など歴任。
共著書に『エネルギーと新国際秩序』(2014年エネルギーフォーラム)

著者紹介

笹川平和財団 特任研究員

1985年 防衛大学校卒業、1998年 筑波大学大学院(地域研究修士)修了(修士)。
1985年 海上自衛隊入隊後、回転翼操縦士として勤務。2003年~2006年 駐中国防衛駐在官。2006年防衛省海上幕僚監部情報班長、2009年 第21航空隊司令、2011年IHS Jane’s アナリスト兼ビジネス・デベロップメント・マネージャーを経て、2013年1月に東京財団、2017年6月から現職。著書に『中国の軍事戦略』(東洋経済新報社)、『軍事大国・中国の正体』(徳間書店)、『何が戦争を止めるのか』(ディスカバートゥエンティワン)、『曲がり角に立つ中国』(NTT出版)等。

著者紹介

曲がり角に立つ中国 トランプ政権と日中関係のゆくえ

曲がり角に立つ中国 トランプ政権と日中関係のゆくえ

豊田 正和,小原 凡司

NTT出版

未来永劫の“永遠の隣国”中国といかに賢く付き合うか。 中国は高度成長がおわりを迎え、社会に不満が蓄積し、諸外国とは不協和音がひびき、大きな曲がり角に立っている。さらに、米国にトランプ政権が誕生し、従来の枠組みの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧