建築家が考える「競争力を生む収益物件のデザイン」とは?

「建築家のデザイン」を取り入れたオンリーワンの物件で知られる神奈川の注文住宅大手タツミプランニングと、日本最大級の建築家ネットワークを作り上げたアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)。本企画では、両社がタッグを組んで空室リスクの低減を狙う、「建築家のデザイン」を取り入れた収益物件の魅力を、第一線で活躍する建築家の方々に語っていただく。第3回目のテーマは、「競争力を生む収益物件のデザイン」である。

ニッチなライフスタイルの人にきっちり刺さる物件を

――やはり、オーナーさんからは競争力を生むデザインが求められるのですね。

 

矢作昌生 氏
矢作昌生 氏

矢作 確かにそうではありますが、私たちがデザインを通じて提供する競争力は、一般的なそれとは少し違っています。例えば、物件に10部屋を用意したとします。ところがそこに、100人も1000人も殺到しても受け入れることができませんよね。一般的なハウスメーカーさんの物件は、広く全員に好かれようと考えながら設計をしますが、みんなが70点くらいしか採点をしない。めちゃめちゃ美味しいラーメン屋ではなく、チェーン店のラーメン屋さんと同じで、どこでも食べても同じだから、どの店でも良いのですよ。

 

一方、建築家が提案する収益物件は、いわばニッチなライフスタイルを送りたいと考える人たちに刺さればよいのですね。例えば、車が好きな人にはガレージ付きの物件を用意するとか。しっかり絞り込めば、そこに100人は殺到しないけれども、常に10人以上の希望者が入れ替わり、立ち代わり、ずっと入居してくれます。居心地が良いから、長く住んでくれる。だから、家賃が下げることなく、安定した収入を得ることができるのです。

 

――矢作先生が手掛けたものの中で、そういったニッチな具体例などありますか。

 

矢作 僕の事務所が入っているのは6世帯が入るワンルームマンションで、片廊下側が全面ガラス張りになっているんですよ。一応、作り付けのロールスクリーンを用意しているのですが、皆さん、開けっ放しで(笑)。綺麗に住まわれていますし、廊下を通っているときにアイコンタクトも生まれるし、ちょっとした交流も生まれる。

 

デザイナーやアーティストが暮らしているのですが、気に入ってくれたようで、もう長く暮らしているんですよ。まあ、普通の人だったら、部屋が見えるなんてとんでもないと、住めないでしょうけれど。ところがこの物件に入る人って、他とは比べないのですよ。ここを見たら即決するんです。

 

山本 オンリーワンなんですよ。たくさんの物件情報を並べて、その中から条件で選ぶのではなく、“これがいい”と言ってくれる人がいるというのが一番強いですよ。価格勝負ではなくなりますから。

 

[PR] 11月23日(木/祝)、24日(金)、25日(土)、26日(日)開催 

デザインの力で収益物件の「空室率」を劇的に下げる!無料イベント@横浜
建築家展 ~建築家と直接話せる相談会

コストを下げながら、デザインの品質も上げていく

――ハウスメーカーのデザイナーズマンションに比べて、建築家デザインの物件は高いのではいないかというイメージがありますが。

 

土橋弥生 氏
土橋弥生 氏

土橋 そんなことはないと思います。私たちも、まずはマックスボリュームの中で何ができるか?というところから検討をはじめます。収益バランスを考えたうえで、土地を読み込む作業を始めますから。私はどこかのハウスメーカーや建材メーカー専属の設計士ではないので、しっかり、何社も相見積もりをとって検証します。

 

“建築家はデザインだけをシュッとやっている”と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません(笑)。厳しい条件の中で、長く愛することができる物件を作り上げていくので、建築家に頼んだほうが良いに決まっているのですよ。

 

岡田 土橋さんの言う通り、デザインとコストのバランスのとり方でも大きな違いが現れていると思うのですね。僕らはけっしてデザイン先行で、費用を度外視するという感覚ではない。むしろコストを下げながら、デザインの品質も上げていくような工夫を重ねています。一般的なデザイナーズマンションでは、それを実現することは不可能でしょう。

 

[PR] 11月23日(木/祝)、24日(金)、25日(土)、26日(日)開催 

デザインの力で収益物件の「空室率」を劇的に下げる!無料イベント@横浜
建築家展 ~建築家と直接話せる相談会

取材・文/伊藤 秋廣 撮影(人物)/永井 浩 
※本インタビューは、2017年8月30日に収録したものです。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載究極の空室対策!「建築家のデザイン」を取り入れた収益物件の魅力

株式会社空間都市建築研究所・代表 一級建築士

1965年群馬県生まれ。神奈川大学工学部建築学科卒業。いくつかの設計事務所勤務を経て、1994年空間都市建築研究所を設立。住宅・集合住宅・医療施設・商業施設を主として設計している。

著者紹介

株式会社空間都市建築研究所・代表 一級建築士

1971年青森県生まれ。神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業。アパレルメーカー本社営業を経て、企画室勤務。メーカー退社を期にショップ等の企画へ建築を独学で習得しつつ、ヨーロッパ中心に海外就学。1999年株式会社空間都市建築研究所共同設立。

著者紹介

有限会社Kaデザイン 代表取締役・一級建築士・インテリアコーディネーター

1966年宮城県生まれ。1986年国立宮城工業高等専門学校建築学科卒業。株式会社三菱製紙工務部、株式会社浅沼組東京本店設計部を経て、1996年ケンタロー・アーキテクツ設立。Kaテレデザインとして法人化した後、2005年Kaデザインへ名称変更。2001年国際家具コンペティションin大川入賞。建築の設計は、クライアントの方とのコラボレーションとして一緒に作り上げるという気持ちを大切にしている。

著者紹介

矢作昌夫建築設計事務所・代表 一級建築士・米国建築学修士・九州産業大学准教授

1966年東京都生まれ。日本大学理工学部海洋建築工学科卒業。南カルフォルニア建築大学(SCI-Arc)大学院修士課程修了。1997年矢作昌生建築設計事務所設立。

著者紹介