住宅ローンの支払い滞納・・・退去に至るまでのプロセスとは?

住宅ローンが払えず、金融機関から督促状が――。本連載では、人生を台無しにする最悪の結末を招きかねない、マイホームの「差押え」や「競売」について解説します。

滞納1回で即競売にはならないが・・・

住宅ローンの支払いが滞納されると、金融機関は所定の手続きを開始します。滞納1回で即競売ということはありませんが、左記の図のような一連の流れを経て、住まいは競売にかけられ、最終的には退去することになります。

 

[図表1]ローン滞納から退去にいたるまでのイメージ

 

まず住宅ローンの返済が遅れると、銀行などの金融機関から「通知書」が届きます。金融機関によって対応が違いますが、通常は1~3カ月分を滞納すると、下記図表2のような「通知書」が郵送されてきます。

 

[図表2]通知書の例

 

ローンの返済は通常、銀行口座から引き落とす形で行われます。口座に十分な残高がなく、引き落としができない場合、融資元である金融機関はローンの借り手に対して返済をうながす連絡を行います。その際には勤務先や自宅に電話をかけたり訪れたりするのではなく、通知書を郵送するという手段を執ります。

銀行が警戒を始めるのは2回目の滞納から

図表2は返済を1回滞納した際に送られてくる「ご入金のお願い」という通知書の例です。手違いで引き落とし口座のお金が足りないというトラブルは誰にでも起きる可能性があり、特に珍しいものではありません。

 

したがって、送られてくる通知書は簡素な書類一枚であり、文面も事務的に「事情があるなら相談を」と呼びかけるものとなっています。個人信用情報機関への登録──いわゆるブラックリストへの掲載に関する記述がありますが、この段階でブラックリストに載ることはありません。入金を失念していた場合にはすみやかにお金を入れるだけで、金融機関の側も問題はないものと了承してくれます。

 

ところが滞納が2回目になると、銀行の対応は少し違ってきます。送られてくる葉書は1回目とほぼ同じですが、担当の融資係から電話があり「どうしましたか?」など事情を確認されることが少なくありません。手違いによる残高不足は誰にでもあることでしょう。けれどもそれが2回重なると、「単なるミスではなく、支払えない事情があるのでは?」と金融機関の側も考え始めるのです。ただしこの時点では金融機関も債権回収に向けて積極的なアクションを起こすことはありません。

本連載は、2017年2月13日刊行の書籍『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載もし住宅ローンが払えなくなったら…マイホームの「差押え」「競売」の現状

烏丸リアルマネジメント株式会社 代表取締役

1974年生まれ。大阪府出身。
大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶たない。
任意売却コンサルタント、宅地建物取引士、日本アドラー心理学会会員。

著者紹介

住宅ローンが払えなくなったら読む本

住宅ローンが払えなくなったら読む本

著者 矢田 倫基   監修 矢田 明日香

幻冬舎メディアコンサルティング

夢のマイホームを購入する際、多くの人が利用する住宅ローン。ローンを組む際は、通常、専門家のアドバイスを受けながら無理のない返済計画を立てますが、長い返済期間では何が起こるかわかりません。思わぬトラブルによって返…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!