生活苦・人間関係の崩壊・・・住宅ローン破綻した人の末路

前回は、住宅ローン破産において「競売」が最悪の結末と言われる理由を取り上げました。今回は、住宅ローン破綻した人の末路を見ていきます。

自宅を失い、債務を支払い続ける過酷な生活

住宅ローンの返済で破綻した人の末路は厳しいものになります。

 

自宅を手放しても債務が残ってしまうケースが多く、その場合には家賃などの住居費を支払いながら、債務を返済しなければいけません。もともと住宅ローンが支払えなくなった世帯は経済的な問題を抱えています。リストラや事業の失敗、病気、離婚などの事情があり、家計が火の車になっているのです。

 

そんな中、自宅を失った上に債務を支払い続ける暮らしは非常に過酷なものです。住居費を支払いながらカードローンや事業の借金、病気の治療費、離婚に伴う慰謝料や養育費などを支払い、さらに残債の返済をすることは非常に大きな負担です。爪に火をともすような暮らしをしても、家計を成り立たせるのは至難の業でしょう。

 

だからといって退去をズルズルと引き延ばせば、最後には強制退去ということになります。その場合には退去する日取りを選ぶことができなくなるので、引っ越し先が決まっていなくても家を出て行かねばなりません。住み慣れた家から強制的に追い出されてしまうのです。

 

実際、競売にいたる人の中には、ピンチのときに適切な対応を怠ってしまう性格の人が少なくないため、お金も行く当てもなく家を出ることになり、ホームレスになってしまうケースが見られます。

親や兄弟、親しい友人との大切な絆を失う可能性も…

また、競売のせいで生活だけでなく、人間関係が破綻してしまうケースも多々見られます。自宅を競売によって手放してなお残った債務について、連帯保証人が支払いを請求されることがあるためです。

 

保証人になってくれるのは親や兄弟、ごく親しい友人など大切な絆で結ばれた人たちです。債権者はそんな人たちに対して残債を清算するよう請求を行います。保証人の預貯金はもちろん、十分な金融資産がない場合には、家までもが返済の原資にされるため、老親や家族を持つ兄弟姉妹、友人に多大な迷惑をかけることになれば、それまで大切にしてきた絆が傷つき、ときには失われてしまうかもしれません。

 

前回説明をした情報の流出も家族にとっては大きな痛手となります。競売は大々的に公示されるので、ご近所や地元のコミュニティに知られてしまい、心ない噂が流れるケースは少なくありません。ときには子どもが学校でいじめられ不登校になるなど、幅広い影響が起きるものと考えておく必要があります。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載もし住宅ローンが払えなくなったら…マイホームの「差押え」「競売」の現状

烏丸リアルマネジメント株式会社 代表取締役

1974年生まれ。大阪府出身。
大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶たない。
任意売却コンサルタント、宅地建物取引士、日本アドラー心理学会会員。

著者紹介

住宅ローンが払えなくなったら読む本

住宅ローンが払えなくなったら読む本

著者 矢田 倫基   監修 矢田 明日香

幻冬舎メディアコンサルティング

夢のマイホームを購入する際、多くの人が利用する住宅ローン。ローンを組む際は、通常、専門家のアドバイスを受けながら無理のない返済計画を立てますが、長い返済期間では何が起こるかわかりません。思わぬトラブルによって返…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧