市販されている「溶錬水晶」とはどのような水晶なのか?

今回は、「溶錬水晶」とはどのような水晶なのかを説明します。※本連載は、日本彩珠宝石研究所の所長で、独自にコレクション収集も行う飯田孝一氏の著書、『宝石Q&A』(亥辰舎)より一部を抜粋し、宝石に関する様々な疑問についてQ&A方式で答えます。

溶錬(練)水晶」=普通のガラス

Q:溶錬水晶という人工の水晶が売られていますが、合成水晶の事ですか。

 

A:溶錬水晶という名前で流通しているものは普通のガラスです。

 

 

<解説>

 

“ようれん”の字には、ご質問にある“溶錬”と、“溶練”という2つのものがある様です。それらの名前で水晶球を販売している複数の業者さんに直接聞いてみました。

 

それによると、異口同音で、“天然の水晶のかけらを溶かして1つに固めた結晶から磨いたものなので、同じサイズの天然の水晶球と比較すると安価に販売できる”との事でした。

 

しかし化学的にとらえると、それは考えられない事なので、正式に検査してみると、人工の水晶(合成水晶のこと)ではなく人工のガラスでした。水晶を溶かす事はできますが、その様なものは正式に『石英ガラス(シリカ・ガラス)』と呼んで、理化学用の高価なガラス器具などが作られています。

 

溶錬(溶練)水晶と呼ばれて販売されているものを分析した限りでは、水晶だけを原料に使って溶解した石英ガラスではなく、他の成分を添加して作られたガラスでした。水晶を溶かしたというのはガラスの主成分となる珪酸分を強調した表現なのでしょうが、水晶を溶かして1つに固めたという表現は誤りです。また、結晶というのも誤りです。

 

とはいうものの、直径2~3cmの玉は別としても、10~15cmもの大径の玉を磨き出せるガラスの塊を、気泡や濁りもなく作る技術は感心できるものです。しかしそれでもやはりただのガラスなのです。

水晶を溶かすと「水晶の構造」が失われ、ガラス化

<かんたん宝石学>

 

ルビーやサファイアなどが属すコランダムの結晶は、溶かしても冷えると元の構造に戻るという特性を持っていますが、それは稀な事です。

 

水晶(石英)の結晶は、いったん溶かしてしまうと、冷えて固まっても水晶の構造は失われて無秩序状態となり、元の構造には戻らずガラスになってしまうのです。これを[非結晶amorphous(アモルファス)]と呼んでいます。

 

水晶は加熱して1713℃になると熔融しますが、その結果出来たガラスは、コップや窓ガラスを作る通常のガラスよりも耐熱性や熱による膨張係数が小さいという特性を持っています。その性質を利用してビーカーや試験管等の器具が作られていますが、通常のガラス器具よりもかなり高価です。

 

通常のガラスを作るには、原料の溶融温度を下げるという目的もあって、珪酸分に様ざまな成分を添加して数タイプのものが作られています。溶錬水晶の名前で流通しているガラスを分析してみると、その多くは『ソーダ(Na)石灰(Ca)ガラス』である事がわかりました。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載あなたの知識は大丈夫!? 鑑別家が答える「宝石Q&A」

日本彩珠宝石研究所 所長

日本彩珠宝石研究所所長。1950年生まれ。1971年今吉隆治に参画「日本彩珠研究所」の設立に寄与。日本産宝石鉱物や飾り石の世界への普及を行う。この間、宝石の放射線着色や加熱による色の改良、オパールの合成、真珠の養殖などの研究を行う。
1985年宝石製造業、鑑別機関に勤務後「日本彩珠宝石研究所」を設立。崎川範行、田賀井秀夫が参画。新しいタイプの宝石の鑑別機関として始動。2001年日本の宝石文化を後世に伝える宝石宝飾資料館を作ることを最終目的とし、「宝飾文化を造る会」を設立。現在同会会長。2006年天然石検定協議会の会長に就任。
終始“宝石は品質をみて取り扱うことを重視すべき"を一貫のテーマとした教育を行い、“収集と分類は宝飾の文化を考える最大の資料なり"として収集した飯田コレクションを、現在同研究所の小資料館に収蔵。

著者紹介

宝石Q&A

宝石Q&A

飯田 孝一

亥辰舎

宝石に関する「なーんだ、そうだんたんだ!」を50個のQ&Aに凝縮しました! 天然石・宝石にまつわる疑問に、鑑別家である飯田孝一が明解に回答。間違った知識のまま広がる宝石名や、意外に知らない扱い方など、宝石ファンはも…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧