政府による財政健全化計画で検討が進む「医療費削減」

前回は、日本の医療システムに影を落す医師不足・医療費増加の問題を取り上げました。今回は、政府による財政健全化計画で検討が進む「医療費削減」の概要を見ていきます。

患者の「金融資産状況」に応じた医療費負担の検討も

2016年度より、政府の「経済・財政再生計画」(財政健全化計画)に基づく各分野での改革が始まりました。

 

国と地方の財政を健全化させるため、歳出削減と経済の立て直しを両輪で進めようというもので、中でも社会保障は「歳出改革の重点分野」に位置付けられています。

 

医療関連では、病院が算定する入院基本料の中で点数設定が最も高い「7対1入院基本料の算定基準の厳格化」や、「在宅医療の推進」「医療費適正化計画に沿った医療費の地域格差の是正」などが挙がっています。

 

ただ、そもそもの発想が「歳出削減」なので、医療の観点が極めて乏しい印象が否めません。改革工程表は毎年見直されることになっていますが、これらはすでに決定事項です。

 

2016年末に固まった改革工程表の改定版には、より踏み込んで書き直されたものもあります。特に目を引くのが「人生の最終段階における医療のあり方」で、「患者本人による意思決定を基本として人生の最終段階における医療を進めるプロセスの普及を図る」と書かれています。

 

まだ詳しい内容は見えてきませんが、医療従事者による適切な情報提供と説明を前提に、「人生の最終段階における医療」という領域に踏み込むようです。

 

また、患者が保有する金融資産などの状況を、医療費負担に反映させる仕組みを検討する方向性も示されました。これまでのように年齢によって医療費の負担割合を設定するのではなく、経済的な余裕を正確に把握して、医療費負担に反映させようというのです。

 

将来的には個人番号(マイナンバー)の活用を検討しているようです。

財源確保の最大の焦点は、診療報酬と薬価・材料費

この財政健全化計画でもう一つ大切な点は、2018年度までの最初の3年間を「集中改革期間」に位置付けたことです。政府はこの間の社会保障関係費の自然増を、高齢化に伴う1.5兆円程度を目安に抑制させるという目標を打ち出しました。単純に計算すると社会保障関係費の自然増はこの間、1年当たり5000億円程度に抑えられることになります。

 

そして、削減分の財源確保をめぐり最大の焦点になったのが診療報酬と、医薬品・医療材料の公定価格である「薬価」「材料費」の見直しです。

 

医療費の大枠を前年度に比べどれだけ増やすか(減らすか)の目安となる診療報酬の改定率は、2016年度には、医療行為への対価に該当する「本体」がプラス0.49%とされました。診療報酬は2年ごとに見直されるので、この数字は2016年度と翌2017年度の医療費を、2015年度に比べわずかながら増やすことを意味します。一方、医薬品や医療材料の予算の増減を示す薬価・材料費の改定率は計1.33%引き下げることで決着しました。

 

これにより、本体と薬価・材料費を合わせた「診療報酬全体」での改定率は差し引きマイナス0.84%となり、さらに年間での販売額が当初の予想を大きく上回った医薬品の薬価の追加引き下げも決定しました。

 

薬価や材料費の国内外での格差も著しく(ジャーナリストの堤未果氏によると2〜3倍)、たとえばペースメーカーは米国では日本の半分以下の値段です。

本連載は、2017年5月30日刊行の書籍『病院崩壊 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載崩壊への道を突き進む…日本の病院の実際

医療法人中央会尼崎中央病院 理事長・院長

医学博士。1930年生まれ。
1955年に大阪大学卒業後、フルブライト交換留学生として訪米。
インターン外科レジデントとして5年間米国留学。
帰国後、1965年より大阪労災病院にて外科医として勤めた後、1975年からは大阪厚生年金病院(現・JCHO大阪病院)にて外科部長として勤務。
1985年、叔父の経営していた医療法人中央会尼崎中央病院理事長・院長に就任。
その後も全日本病院協会常任理事・監事、日本医療機能評価機構評議員、兵庫県私立病院協会(現・兵庫県民間病院協会)理事・副会長などを歴任。
日本外科学会専門医、日本外科学会指導医、日本消化器病学会専門医、日本医師会認定産業医、麻酔標榜医。

著者紹介

病院崩壊

病院崩壊

吉田 静雄

幻冬舎メディアコンサルティング

病院が姿を消す!? 2025年を目前に高まる医療需要だが病院経営は逼迫し、医師の偏在は止まらない・・・ 今、病院に何が起こっているのか? わが国の医療のあり方については、かねてより議論がなされてきました。 しかし、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧