相続・事業承継 M&A
連載オーナー社長のための会社の売り方【第24回】

アドバイザーへの報酬とその種類

手数料成功報酬

アドバイザーへの報酬とその種類

よいM&Aを進めるため欠かせないのがアドバイザーの存在ですが、具体的にはどの程度の報酬がかかるのでしょうか。ここでは、具体的な数字についてご説明します。

アドバイザーへ支払う手数料の種類

アドバイザーに支払う手数料についても、いつどの程度の額を支払うのか、その概略を記しておきます。

 

一般的には3種類の手数料が発生することになります。

 

●着手金

アドバイザリー業務を依頼するタイミングで発生する手数料。M&A交渉がうまくまとまらなくても、一般的には戻ってきません。

 

●中間金

株式譲渡の基本合意契約を結ぶなど、中間期において一定の成果が出た際に発生する手数料。こちらも、その後M&A交渉がうまくまとまらなくても、一般的に戻ってくることはありません。

 

●成功報酬

M&Aが成約した際に発生する手数料。売買金額に応じて、事前に取り決めた率の手数料を支払うケースが一般的です。

入り口でどれだけの金額が必要となるか?

中小企業のM&Aの場合、着手金の目安としては、100万から200万円程度です。会社の規模によって金額が大きく変わる可能性もあり、一概にはいえませんが、一応の相場と考えておきましょう。

 

他の会社よりも高額の着手金、たとえば1000万円などといった着手金を提示してくる場合には、内容をよく確認することが必要です。

そのような高額な着手金を要求するアドバイザーの場合、その手数料のみで稼ごうという意図があるかもしれません。M&Aのマッチングに自信があるアドバイザーなら、常識の範囲内で着手金を設定し、メインの報酬は成約時の成功報酬とするケースが通常です。

 

中間金は、一般に成功報酬の10~20%程度、成功報酬は、以下のように売買金額の1~5%程度が相場で、売買金額が高くなるほど割合は下がります。

 

・売買金額5億円以下=5%
・同5億円超~10億円以下=4%
・同10億円超~50億円以下=3%
・同50億円超~100億円以下=2%
・同100億円超=1%

 

なお、成功報酬には一般的に下限が設けられます。例えば下限2000万円の場合、売買金額が3億円であれば、5%の1500万円ではなく、下限額の2000万円が成功報酬となります。

また、非常に大きな会社同士のM&Aなど、当初から長期間におよぶ取り組みが見込まれるケースでは、毎月の手数料が発生するといった契約もあります。

 

以上を参考に、オーナー社長として納得できる手数料の支払い方法かどうかをよく確認し、アドバイザー選びの一助にすることをお勧めします。

 

なお、一社専任とするのではなく、複数のアドバイザーに依頼する場合には、当然ですが、複数社分の着手金が発生します。

本連載は、2013年7月2日刊行の書籍『オーナー社長のための会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

オーナー社長にとって、会社人生の最後で最大の仕事こそが事業承継。創業以来、長年に渡って経営してきた会社を次代に残す。また、従業員の雇用を守りつつ、買い手企業の新たな資本の元で、会社の価値をさらに高めていくことで…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest