エネルギー会社の「事業概要」から株価を読むには?

今回は、エネルギー会社の「事業概要」から株価を読む方法を見ていきます。※本連載は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニアアナリスト・荻野零児氏の著書、『よくわかるエネルギー株』(化学工業日報社)より一部を抜粋し、エネルギー会社の株価の基本的な見方をご紹介します。

電力事業は「発電事業・送電事業・小売事業」の3段階

2.電力会社の株価の見方

 

電力会社の中核事業は、発電所で発電した電気を需要家に販売することです。主な電力会社は、東京電力ホールディングス(9501)、中部電力(9502)、関西電力(9503)です。他に、発電事業だけ行う会社や電力小売事業だけ行う会社もあります。

 

(1)電力会社の事業概要

 

電力の発電から小売までの流れを見てみましょう。図表1は、電気の流れを発電所から送配電、電力小売までを示しています。電力事業は、『発電事業』、『送電事業』、『小売事業』の3段階に分かれます。大手電力会社のように三つの事業を全て行っている会社もあれば、発電事業もしくは小売事業を行っている会社もあります。

 

[図表1]電気の流れ

出所:電気事業連合会ホームページより掲載。
出所:電気事業連合会ホームページより掲載。
 

<発電事業>

 

発電事業は、火力発電所や原子力発電所、水力発電所などの発電所を運営しています。例えば、天然ガスの火力発電所でみると、海外からLNG(液化天然ガス)を輸入して、天然ガスを燃料にして、火力発電機で発電をしています。発電した電力は、送配電設備を通じて、電力小売事業者に販売します。

 

<送配電事業>

 

送配電事業は、送電線や配電線を保有し、電力の流通事業を行っています。発電会社や電力小売会社が送配電設備を使用する場合には、送配電会社に送配電設備の使用料(託送料)を支払います。送配電事業は、日本政府による規制が残っています。

 

<電力小売事業>

 

電力小売事業は、発電所や電力卸売市場などから電力を調達して、家庭や工場などの電力需要家に電力を小売しています。

大手電力会社の販売電力シェアは?

<電力会社の販売電力シェア>

 

図表2は、電力小売全面自由化前の2015 年度の大手電力各社の販売電力量シェアを示しています。2015 年度の電力10 社の販売電力量の全国合計は7,971 億kWh(キロ ワット時)でした。販売シェアが高い会社は、東京電力ホールディングスが31%、関西電力が16%、中部電力が15%です。

 

[図表2]大手電力会社の販売電力量シェア

出所:電気事業連合会資料に基づきMUMSS作成。 注:2015 年度。
出所:電気事業連合会資料に基づきMUMSS作成。
注:2015 年度。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載初心者でもよくわかる「エネルギー会社」の株価の見方

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 シニアアナリスト

1998年国際証券株式会社入社、エクイティ調査部投資戦略課、日本株ストラテジーのチームの一員として、主に日米欧のマクロ経済や金融政策、為替動向などを担当、2001年企業調査課に異動、2002年石油セクターを担当、2005年電力・ガスセクターも担当。

著者紹介

よくわかるエネルギー株 業界の特長から主要銘柄の見方まで

よくわかるエネルギー株 業界の特長から主要銘柄の見方まで

荻野 零児

化学工業日報社

本書は、エネルギー(石油・電気・都市ガス・LPガスなど)業界のアナリストとして長年活躍されている三菱UFJモルガン・スタンレー証券の荻野零児氏がエネルギー業界に興味のある初心者から一般投資家へ向けて、エネルギー会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧