「子」よりも「孫」への相続のほうがメリットが大きい?

孫に相続させたいと考える場合、いったいどんな方法を取ることできるでしょうか。今回は、孫への相続のメリットを含めて見ていきます。

孫への財産承継は「相続」でなく「遺贈」となる

まだまだ先の話かもしれませんが、将来、自分の財産を孫に相続させたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

「実際、孫に相続させることができるのか?」というと、もちろん相続させることは可能です。一般的に相続というと、人が亡くなられた際、その人が生前に持っていた財産を家族や親族などが引き継ぐことをイメージされると思いますが、実は民法上の「相続」とは、あくまで配偶者や子どもなど相続人として法律上定められた者(法定相続人)が財産を引き継ぐ場合のみを意味します。

 

では、孫などの法定相続人以外が財産を引き継いだ場合は相続ではないのでしょうか。これは「遺贈」と言われ、「相続」とは違う行為とされています。そのためには、「孫に財産を引き継ぐ」という遺言が必要になります。

隔世相続は究極の節税方法か?

一方、税金上の話では、民法上の相続も遺贈も同じく相続税の対象となります。ただ、孫などに財産を引き継いだ場合で遺贈に該当する場合は、税額が通常のものに20%加算された金額になります。

 

孫に財産を引き継ぐと何で税金が高いの?と疑問に思う方も多いと思いますが、場合によって孫に財産を引き継ぐことは、逆にトータル的には相続税の節税になる可能性が高いと考えられています。

 

なぜかというと、本人→子→孫と本来2度の相続を行うところ、本人→孫と1度の相続で孫まで財産を引き継ぐことが可能になるため、相続税の支払いを1度節約できるというメリットがあるからです。当然、節税の目的だけで、かわいい孫に財産を引き継ぎたいとは思っていないかもしれませんが、その節税メリットは有効に活用したほうがいいかもしれません。

 

かわいい孫に、より多くの財産を引き継がせたいのであれば、生前贈与等のその他の節税方法も含め、事前の対策をしっかり行うことは重要だと思います。今後も増税基調が見込まれる相続税ですので、そうした最新の改正情報にも注意を払いつつ、余裕を持って相続対策を検討されることをお勧めします。

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「贈与」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧