相続は「する」べきか「放棄」するべきか?

相続においては、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も引き継ぐことになります。今回は、このマイナスの財産の相続について、改めて注意点を考えてみます。

親の財産を単純に相続してもよいのか?

あまり考えたくないことかもしれませんが、もし仮に自分の親が亡くなった場合、みなさんは親の財産を引き継ぎますか?

 

「子供なんだから当然引き継ぐに決まってるだろう」と思われる方も多いと思います。当然です、子供なんですから。子供は「法定相続人」であり、親の財産を引継ぐ権利を持っています。

 

では、もしあなたの引き継ぐ財産の中に借金などのマイナスの財産があった場合は、どうしますか? 残された財産の全てがプラスの財産とも限りません。もし残された財産の中に未返済の借金があった場合、その借金の支払いまでも相続することになり、親の残した莫大な借金を一生かけて肩代わりする、ということにもなりかねません。

 

このように負担したくないマイナスの財産がある場合、人はこれらを「放棄する権利」を「引き継ぐ権利」と同様に持っています。明らかに不動産などのプラスの財産より借金などのマイナスの財産の方が多い場合には、この放棄する権利「相続放棄」を選択したほうが得でしょう。

「限定承認」を活用する場合は期限に注意

ただ、必ずしも親の財産の全てを把握しているとも限りません。どんな財産があるか全くわからない、たしか借金もあったような・・・、というプラスとマイナスどちらが多いのか分からない場合もあると思います。そんなときは、財産は一応そのまま引き継ぐが、仮にマイナスの方が多いときはプラスの財産の範囲内でしかマイナスの財産を引き継がない、といった限定的な相続を行う「限定承認」という制度があります。

 

この制度を利用すれば、相続した挙句、借金まみれで自分の財産から借金返済にあてなければならない・・・なんてことは防げるわけです。

 

ただし、これらの「相続放棄」「限定承認」を選択する場合は、親が亡くなってから3ヶ月以内に諸手続きをする必要があります。仮に何も手続きをしない場合は、プラスの財産もマイナスの財産も全てそのまま引き継ぐという「単純承認」したものとみなされるので、検討が必要な方は注意する必要があります。

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「贈与」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧