事業承継のための「現状把握」に必要な4つの視点とは?

事業承継対策には「現状を把握・分析すること」が欠かせません。今回は現状把握に生かしたい4つの視点について見ていきます。

事業承継対策には「現状の把握・分析」が不可欠

事業承継対策を考えるとき、とても大切なことがあります。それは「現状を把握・分析すること」です。経営者自身は、どうしても事業活動そのものに全力を注いでいるため、第三者的な視点で自分の会社を見ることが難しくなりがちです。これは仕方のないことだと思います。

 

それに、普段は一番忙しい経営者が自分で調査するということは、手間と時間を考えると至難のワザといっても過言ではありません。ですから、現状の把握・分析については、専門家に依頼するなどして実行することをおススメします。

 

ただ、専門家に依頼するといっても経営者自身が「何を把握していなければならないか」を意識しておくことが大切です。なんといっても経営判断をするのは経営者自身です。それでは現状を把握するためにどのような視点を持つとよいか考えてみましょう。

「まだ先のこと」と考えず、早め早めに現状把握を

現状を把握するときには以下の4つの視点から考えてみましょう。


1.会社の現状

2.経営者個人の現状

3.後継者や関係者の現状

4.相続が発生したとき

 

1.会社の現状

会社の財政状態(資産・負債の状況)、収益力の現状と将来見込み、キャッシュフローの状況と将来見込みといった財務に関する情報は重要です。また、株式の保有状況についても、経営権を円滑に引き継ぐためには重要な情報となります。さらに、役員構成や従業員数、年齢構成にも注意しましょう。当然、経営者と一緒に従業員も年をとるのですから、今後の事業計画と併せてしっかりと把握しておきましょう。

 

2.経営者個人の現状

経営者自身の保有株式や個人名義の資産を事業に供している場合など、経営者自身の財産状況を把握しておく必要があります。また、金融機関に対して個人保証や担保提供している場合もあります。このようなときには早めに金融機関対策が必要になりますので、まず現状がどのようになっているのか把握しておくことが大切です。

 

3.後継者や関係者の現状

親族内に後継者候補がいるのか、社内あるいは社外に後継者候補がいるのか、また、その後継者候補に対する関係者の理解が得られているのかといった視点を持ちましょう。後継者候補とされる方の適性、能力、意欲といったことも大切です。経営者の資質という面からも検討が必要でしょう。やはり会社にとっては「人」が財産なのですから。

 

4.相続が発生したとき

まれなケースですが、相続が発生したときに、それまで想定していた人以外にも相続人がいたなどということもあります。このようなことがないとも限らないので、一度キチンと戸籍で確認しておくことをおススメします。また、法定相続人同士の人間関係はいかがでしょうか。意外と「争続」になってしまうことが多いようです。さらに、相続財産はどの程度あるのか、相続税額の試算や納税資金の有無なども把握しておくとよいでしょう。

 

このように事業承継を考えるとき、まず第一段階になるのが「現状の把握・分析」になります。「まだまだ先のこと」と考えがちですが、「備えあれば憂いなし」です。一度、自身の会社をしっかりと見つめ直してみましょう。

この記事はGTACホームページより転載したものです。

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載オーナー社長のための税金ゼロの事業承継

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!