病気のサイン? さまざまな「見え方」の異常

「白内障の手術を受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」 筆者が関わるウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。本連載では、見え方の変化や、疲れ目、充血に関するQ&Aを紹介します。

視野の一部が欠ける場合は「脳疾患」の可能性も

私たちがものを見るときには、視線を合わせている対象物だけではなく、その周囲も見えています。この範囲を「視野」と呼んでいて、一般には上下がそれぞれ約60度、外側が両目で150度ほどの範囲です。

 

しかしときとして、この視野に異常があらわれるときがあります。視野の異常は、重大な目の病気や脳の疾患が原因になっていることも多く、早めの対処が必要な場合もあります。

 

視野の一部が欠けて見える視野異常があります。視野の一部が見えないことを暗点(視野欠損)、右半分あるいは左半分が見えなくなる状態を半盲、視野が狭くなる症状を狭窄といいますが、こういった見え方になる場合は脳卒中や脳腫瘍など脳の疾患が起こっている可能性があるので注意が必要です。

 

もう片方の目が異常のあるほうの目を補うため、異常に気付きにくいのですが、欠損があると、人やものにぶつかりやすくなったり、車の運転をしている場合は歩いている人が見えず、急に飛び出してきたように見えたりします。おかしいなと感じたら、片目ずつ手で覆ってチェックしてみてください。

40歳以上になったら、こまめに目の健診を受けておく

他にも視野の異常には、目がかすむ、ぼやける、ものがゆがんで見える(変視症)、白い糸や黒い点のようなものが見える(飛蚊症)、光の点滅を感じる(光視症)というものがあります。

 

これらは、パソコンやスマホの長時間使用など、目を酷使したことによる疲れ目や、加齢による変化、また精神的なストレスなどが原因であることもあります。必ずしも病的な変化とは言えませんが、発見の遅れが治療効果を左右することもあるので、40歳以上になったらセルフチェックだけでなく、目の健診も受けておくことをおすすめします。

 

[図表]さまざまな見え方の異常

日本眼科学会認定眼科専門医
指導医 

1998年名古屋大学医学部卒業後、社会保険中京病院に勤務。
2000年、社会保険中京病院眼科医員。
2005年ハーバード大学 Massachusetts Eyeand Ear Infirmary 留学。2006年、イリノイ大学眼科留学。2012年慶應義塾大学医学部大学院卒業博士号取得。同年、岐阜赤十字病院眼科主任部長、名古屋アイクリニック角膜・眼表面担当医に就任。白内障、レーシック、フェイキックIOLから角膜移植術、角膜クロスリンキング、眼瞼手術など最先端の手術をマルチにこなす。2011年~2015年までの手術実績約3700眼。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室 非常勤講師。
大連医科大学客員教授。
中華人民共和国 非常勤医師免許取得。
ICLインストラクター。
トラベクトームインストラクター。

著者紹介

連載目の違和感は病気のサイン!? 見え方の変化Q&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

目の悩み・疑問がスッキリ解決する500のQ&A

小島 隆司

幻冬舎メディアコンサルティング

「白内障の手術受けるべき?」「目がかすんで見えるけど、これって病気?」ウェブ上の「眼科相談室」には、毎日全国の方々からたくさんの悩みが寄せられています。著者は、約10年間にわたって約6000件以上の質問に丁寧に答え…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧