その他 スリランカへGO 海外メディア
連載GGO編集部による最新トピックス

「次代のシンガポール」に最も近いのはスリランカ?

スリランカシンガポール新連載

「次代のシンガポール」に最も近いのはスリランカ?

成長著しい東南アジア各国のほぼ中心に位置し、金融・流通のハブ国家として今や世界でも有数のポジションを築いているシンガポール。世界の投資家の関心はすでに「次のシンガポール」に向き始めています。スリランカの有力経済紙が掲載した「シンガポールを売って、スリランカを買おう」と題したコラムをご紹介します。

「地理上の要地にある島国」という点で共通する両国

このコラムでは、まだまだスリランカとシンガポールを比較するには早いかもしれない、としながらも、地理上の要地にある島国という点で似通っているシンガポールとスリランカの直近情勢を比べ、「スリランカは次代のシンガポールになり得る」という意見を提示しています。そこで述べられているスリランカの最新事情と将来展望は下記のようなものです。

 

1.世界規模での東西を結ぶシーレーンに面した、物流拠点の位置を占めている。ヨーロッパおよび中東から東アジアに向かう、すべての石油タンカーやコンテナ船は、スリランカ南端から数キロのところを通らなくてはならない。スリランカは、この戦略的な地の利を活かして、南端のハンバントタ港とコロンボの港を拡張する計画である。

 

2.コロンボと南部の観光地および国際空港を結ぶ新しい高速道路が完成。さらに、コロンボと北部、東部を結ぶ高速道路も計画されている。

 

3.新たに2箇所の火力発電所(合計出力900メガワット)と出力150メガワットの水力発電所を造り、電気供給力を補強した。

 

4.コロンボ中心地から臨海地域にかけての450エーカーを再開発し、コロンボ港湾都市を建設しようという、150億ドル規模のプロジェクトが進んでいる。

 

5.新しいホテルの供給に裏づけされた、大きな潜在能力が観光産業にはある。国際的なブランドを持つホテルが進出をしており、たとえばシャングリラホテルは2つのホテルで計800室を建設中、ハイアットは550室のホテルを開業し、マリオットは200室のホテルを、クラウンカジノは450室の総合リゾートホテルをオープンする(ほかにもジョン・キールスは800室のカジノホテルを建設する)。

 

しかし、これはスリランカの観光産業の一部にしか過ぎず、より多くの部分はブティックホテルやヴィラホテルのような、もっとローカルで地域的なブランドによって占められている。旅行者の数は毎年20パーセント増加しており、フラッグキャリアのスリランカ航空はワン・ワールド連合に最近加盟を果たした。またコロンボの国際空港は機能拡張中であり、南部の国際窓口もオープンしたばかりである。

 

6.スリランカは世界第二位の紅茶輸出国であり、また世界第四位の生産国でもある。海岸地帯の熱帯気候から山岳地域の涼しいところまで気候の幅があるため、様々な種類の農作物が生産可能である。

 

7.スリランカは天然資源に恵まれている。鉱物では、北部の鉱物砂や、グラファイトとして知られる新しいナノ素材を作るのに欠かせない黒鉛の大きなフレークから、世界でもっとも艶があり透明度が高いと言われるサファイアをはじめとする様々な宝石まで採れる。ちなみにスリランカのサファイアは、元はダイアナ妃のものであったケイト・ミッドルトンの婚約指輪で有名になった。

 

8.スリランカ沖合では石油およびガス層が見つかっており、その調査と生産が期待されている。

 

9.コストの安い縫製産業が残っている一方で、高価格なソフトウェアや業務プロセス産業が急拡大しており、輸出収入の規模は、2007年の2億ドルから2013年には6億ドルまで増え、2030年には20億ドルにまで増加させることを目指している。

国際的な投資対象としても今後は注目

この記事では、スリランカの投資環境についても言及しています。自由放任主義を採るシンガポールに比べ、スリランカは「まだ資本投下をするには難しい場所」としつつも、コロンボ証券市場では外国人投資家が52億ルピー(4000万ドル)買い越していると述べています。

 

いわゆる「スリランカファンド」もいくつか存在しますが、ETFなどは存在せず、ポートフォリオに「スリランカ」を組み込むことには、まだ困難が多いとも述べています。その一方で、急速に発展しているスリランカの現状と潜在能力を考慮すると、不動産への直接投資や、観光、エネルギー、農業、工業への戦略的な投資、そしてプライベート・エクイティへの投資などは、国際的な投資対象として今後注目されるであろう、としており、これまでの50年でシンガポールに起こったことは、次の50年にスリランカで起こらないとは言えないと結んでいます。

この記事はスリランカの『DailyFT』が掲載した2014年7月14日付のコラム「Sell Singapore, buy Sri Lanka」から引用したものです。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載GGO編集部による最新トピックス

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest