海外活用 海外口座 香港
連載国際金融都市「香港」で一番使いやすい銀行の見極め方【第1回】

日本人が海外口座を持つ場として「香港」がベストといえる理由

新連載ポートフォリオタックスヘイブン

日本人が海外口座を持つ場として「香港」がベストといえる理由

本格的な海外口座活用の場として、やはり真っ先に名前が挙がるのが「香港」。本連載では、4月5日に刊行される『グローバル資産防衛のための「香港銀行口座」活用ガイド』の中から先行して一部を抜粋し、香港で一番「使いやすい」銀行の見極め方をご紹介します。

海外口座はそもそもどこの国で開けばよいのか?

海外口座の活用を考える場合、まず重要なのが、どこの国で、どの金融機関に口座を開くかという選択です。やみくもにお金を預けようとしても、すべての国の銀行が無条件で口座を開設してくれるわけではありません。また、購入可能な金融商品の種類、そして国の税制も、その後の資産運用を大きく左右します。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋の3都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

では、海外口座の活用で失敗しないための条件について、まずは国という観点から解説していきます。ポイントは、大きく分けて次の4点です。

 

① 地理的に近い

日本から地理的に近く、気軽に行き来できること。口座の開設や管理のために、少なからず現地の店舗に直接行く機会があるからです。

 

② 国際的な金融都市である

資産運用に向いている地域であるかどうかです。銀行口座を開設する地域が日本と同じような状況では意味がありません。規制がなく自由でオープン、そして日本にはないようなパフォーマンスの高い投資信託や債券などに投資できる環境が理想です。

 

③ 国際標準を満たした金融機関がある

金融機関の規模は問いませんが、顧客のリスク許容度などを十分に審査、判断して、顧客それぞれにふさわしい「ポートフォリオ(資産構成)」を組んでくれること。いわゆる「ポートフォリオ・アドバイザリー・サービス」がある金融機関があることです。

 

④ 実質的に「タックスヘイブン」である

日本人が海外の金融機関などで獲得した収益は、それがどこであろうと日本国内で確定申告する義務があります。その場合、その国が実質的に非課税の国であれば、非居住者として源泉徴収されることはありますが、日本での処理は簡単になります。また、販売されている金融商品なども、無駄な手数料や税金がかかったりしないほうが、シンプルで運用効率も上がります。

 

これら4つの条件を総合的に判断すると、日本人に適した国は、どこになるのでしょうか。それは、アジアの国際的な金融都市である香港です。実際に、香港ではかつて日本の個人投資家が、HSBCやシティバンクの口座開設のために行列をつくったことがありました。現在でも口座開設を目指す日本人投資家は少なくありません。

世界三大金融センターの一角「香港」

香港は、日本から近いだけでなく、国際的な金融センターとしても有名です。預金金利などには一切課税されず、投資の自由度も極めて高いため、世界中から富裕層や金融機関が集まっています。

 

特徴の一つが「通貨の自由度」です。周知のように、海外では世界中のどこでも通用する米ドルが「基軸通貨」とされています。香港では米ドルと、現地通貨(ローカルカレンシー)である香港ドルが併行して幅広く利用されています。さらに、ユーロや英国ポンドも必要に応じて自由に売買可能です。

 

しかし日本では、国際的にスタンダードな通貨である米ドルやユーロが自由に送金できる、あるいは売買できる環境にはありません。ほとんどの金融商品が円建てで表記され、実際に金融機関に預けたり、引き出したりする場合、外貨預金など一部を除いてすべて円になります。投資信託の基準価額もすべて円です。

 

日本の金融市場は、日本語しか通用せず、日本円でしか取引できない閉ざされた市場だといえます。海外では自由に投資できる金融商品が、日本で流通していない原因がここにあります。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋の3都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

その点、米ドルやユーロがいつでも自由に売買できる香港では、国際的に幅広く取引されているファンドや債券が揃っています。かつて、世界の三大金融センターといえば「ロンドン」「ニューヨーク」そして「東京」でした。ところが、日本の金融市場で通貨のグローバル化や規制緩和が進まなかったために、いまや東京の地位は香港に取って代わらててしまいました。それどころか、シンガポール、 チューリッヒの後塵も拝しています(下記図表1参照)。

富裕層の多さでは、世界第2位といわれる日本。日本にはざっと273万人(2014年、クレディ・スイス調べ)の富裕層(ミリオネア)がいるとされてお り、米国の1416万6000人に次ぐ規模となっています。2014~2019年の5年間で富裕層人口が74%増えるという予想結果もあるほど、お金持ち の多い国なのです。しかしグローバルに事業を展開をしている金融機関は、日本を離れ、次々に香港やシンガポールに移転。いまでは富裕層の多くが、国際分散 投資ができる場として香港やシンガポールを選択しているのです。

本連載は、2016年4月5日刊行の書籍『グローバル資産防衛のための「香港銀行口座」活用ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者および株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2016年4月現在のものであり、今後変更されることがあります。

岩崎 博充

経済ジャーナリスト

雑誌編集者等を経て1982年に独立し、経済、金融などのジャンルに特化したフリーのライター集団「ライトルーム」を設立。雑誌、新聞、単行本などで執筆活動を行う他、テレビ、ラジオ等のコメンテーターとしても活動している。

著者紹介

連載国際金融都市「香港」で一番使いやすい銀行の見極め方

グローバル資産防衛のための 「香港銀行口座」活用ガイド

グローバル資産防衛のための 「香港銀行口座」活用ガイド

岩崎 博充

幻冬舎メディアコンサルティング

世界有数の金融センター香港の魅力から、現地金融機関の特徴、日本人に最適な銀行での具体的な口座開設手順、さらには購入可能な金融商品と運用のポイントまで海外銀行口座の活用方法を徹底ガイド!

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest