減速が懸念されるスリランカの高級アパート市況

写真:GTACスタッフ

世界の投資家から注目され始めているスリランカ不動産ですが、供給量の増加によって販売が減速するのでは・・・という心配の声も上がっています。現地ニュースサイトが掲載した「コロンボの高級アパート市場の現状」についてお伝えします。

投資目的の購入が75%を占める!?

スリランカのコロンボでは、高級アパートの在庫が歴史的な量にまで膨らんでおり、早期の売却が困難になってきていると、不動産コンサルティング会社のジョーンズ ラング ラサール社が伝えた。

 

同社スリランカ部門の責任者Gagan Singh氏によれば、高級アパートのうち75%が投資家によって購入され、エンドユーザーによる購入は25%しかないという。

 

「高級アパートの供給は非常に多い状況です。懸念されるのは、今後も続く大量の供給を吸収するだけの資金が、果たして投資家にあるかです」と同氏は語る。

 

現在、海外資本によるものを含めて、注目されている複合施設の建設プロジェクトが複数ある。

 

「それらを購入する人は間違いなくいるでしょう。ただ、以前であれば供給が少なく、売却も早かったのです。その点だけが懸念されます。ただ長い目でみれば、それら全てを販売することはできるでしょう」と同氏は言う。

バブルの再燃を心配する声も・・・

現在、スリランカの金利は歴史的な低水準である一方、財政赤字はこれまでなく膨れており、中央銀行が紙幣を増刷して財政ファイナンスを行っている状態だ。

 

この中央銀行の政策によって、国内のデベロッパーを含む多くの金融業者や不動産業者が倒産する結果となった2004年から2009年のような不動産バブルが、再び引き起こされるのではと、何人かのアナリストは心配をしている。

 

以上が現地ニュースサイトの記事となります。今後の成長余力という面では、確かにスリランカは魅力的な国ですが、不動産投資の観点でいえば、現地の実需環境や価格水準などをきっちりと分析したうえで取り組む必要があるといえそうです。

この記事は、GTAC提携のスリランカのニュースサイト「EconomyNext」が2016年1月14日に掲載した記事「Sri Lanka luxury apartments sales may slow: Jones Lang Lasalle」を、翻訳・編集したものです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載GGO編集部による最新トピックス

GTACと提携するスリランカのオンライン・ニュース・サイト。独自の取材網を築き、スリランカの経済、金融を中心とした幅広いニュースを報じている。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧