不動産 国内不動産
連載建築デザインの力で「変形地」の価値を高める方法【第22回】

土地活用の検討時に考慮すべき「相続トラブルの防止策」とは?

土地活用区分所有

土地活用の検討時に考慮すべき「相続トラブルの防止策」とは?

前回は、土地活用における「事業リスク」を軽減する方法について説明しました。今回は、土地活用の検討時に考慮すべき「相続トラブルへの対応策」を具体的に見ていきましょう。

将来を見据えて、想定リスクへの対策を準備

土地活用を図る場合には、将来まで見すえる視点がとても大事です。建物が完成し入居者がいったん確保できさえすればそれで安心というわけでは決してないからです。

 

建物は当然古くなっていきますし、入居者が退去するリスクもあります。収支は必ずしも、事業計画通りに推移していくとは限りません。その一例では、銀行の貸出金利も頻繁に変わっています。

 

事業計画の段階から、例えば借り入れや将来の相続税対策を検討したりする場合もあるでしょう。そのような場合には自ずと将来のことを考えることになります。そうした機会を見て、将来を意識することが必要です。

 

借り入れでいえば、建築の場合、その期間が一般に、20年、30年と長期にわたるのが特徴です。したがって、借り入れの当事者になる土地所有者が高齢者の場合には、金融機関はお子さんをはじめその子孫の返済能力まで見ることがあります。

土地・建物は共有にせず、区分所有にしておく

先々の返済能力が見られるとなると、相続後のトラブルが心配です。その時、相続人の間でもめないように、あらかじめトラブル防止を心掛けておくと安心でしょう。土地活用との関係でいえば、相続財産の一つになるだろうその土地・建物の権利関係をどのようにするのがいいかという点が一つ挙げられます。

 

ポイントは、土地・建物を共有にしないで、区分所有にしておくということもその一つです。

 

相続の段階で相続人の共有財産にしてしまうと、その後、相続人の誰かの返済が滞ったことからその持ち分を処分する必要が生じても、他の共有者の承諾が必要なので、スムーズに事が運ばない恐れがあります。売るに売れない状況に陥るリスクがあるとなれば、金融機関としては望ましくありません。

 

これに対して区分所有にしておけば、それぞれの事情に応じて持ち分を処分することが可能です。仮に相続人の誰かの返済が滞っても、その持ち分を処分すれば済むのです。これなら、金融機関としても融資を実行しやすいでしょう。

 

借地権と同様、流動性が低く市場で売りにくい土地・建物は担保価値が認められにくいものです。土地活用の段階で将来の流動性にまで目を向けておく必要があるのです。

本連載は、2014年6月12日刊行の書籍『変形地の価値を高めるマンションづくり』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

宮坂 正寛

株式会社環境建築設計 代表取締役
株式会社六耀 代表取締役 

早稲田大学理工学部建築学科卒業。「環境と人との接点を意識し心を配ること」を基本に、土地活用企画、分譲・賃貸マンションの企画・設計・施工管理、賃貸マンションの監理、建て替え、大規模修繕、コンサルティングなどを手がけ、35年間で300弱の竣工物件の実績を持つ。

著者紹介

連載建築デザインの力で「変形地」の価値を高める方法

変形地の価値を高めるマンションづくり

変形地の価値を高めるマンションづくり

宮坂 正寛

幻冬舎メディアコンサルティング

別荘地のような斜面地、一角に他人の土地を挟む変形地、奥まった場所にある旗竿地・・・。活用をためらってしまうような条件の悪い土地を活用するためには、その土地の潜在価値を引き出すことが重要です。本書では、そのために…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest