第2次朝鮮戦争勃発なら「日本も攻撃される」理由

今回は、第2次朝鮮戦争勃発なら「日本も攻撃される」理由を見ていきます。※本連載は、元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

横田基地は「朝鮮国連軍後方司令部」

前回の続きです。

 

でも、当時、国連安保理にはソ連がいましたよね。なぜソ連が拒否権を発動しなかったのでしょうか。実はその時、ソ連は、「中国の代表は台湾の蔣介石政権ではなくて、北京にいる毛沢東政権だから、そんな『インチキ中国』が代表に入るような国連安保理はおかしい」といってボイコットしていたんです。

 

だから拒否権を行使できなかった。その隙を縫って国連軍ができたわけです。そもそも朝鮮国連軍の司令部は東京にあったんです。

 

1953年7月に「朝鮮休戦協定」ができて、朝鮮国連軍の司令部はソウルに移ったんだけれども、その時に日本に後方司令部というのができた。この後方司令部は、もともとキャンプ座間にあったのですが、2007年11月に横田基地に移転した。だからトランプが降り立った横田基地は今も、朝鮮国連軍後方司令部なんです。

 

今でもオーストラリア、イギリス、カナダ、フランス、トルコ、ニュージーランド、フィリピン、タイ、南アフリカの国の軍艦が時々、国連の旗を掲げて横須賀に入ってきます。そして、定期的にそれらの国の駐在武官が朝鮮国連軍の会合を東京で行っている。現在の司令官はジャンセンというオーストラリアの空軍大佐。そのほか3人が横田基地に常駐しているんです。

第2次朝鮮戦争で日本も攻撃される!?

日本政府は「朝鮮国連軍地位協定」というものを結んでいます。その「朝鮮国連軍地位協定」では、「朝鮮国連軍は、国連軍地位協定第5条に基づき、我が国内7か所の在日米軍施設・区域(キャンプ座間、横須賀海軍施設、佐世保海軍施設、横田飛行場、嘉手納飛行場、普天間飛行場、ホワイトビーチ地区)を使用することができる」となっています。

 

「日米安全保障条約」や「日米地位協定」と同じように、朝鮮国連軍という形で日本政府は全面協力しているということです。だから、第2次朝鮮戦争が勃発したら、当事国として日本も攻撃される。こういう状態にあるんです。

 

トランプがあえて横田基地で演説したのは、「おい、北朝鮮、日本の横田基地に朝鮮国連軍後方司令部があるんだからな。日本と一緒にやるからな」、こういうメッセージなんです。

 

インターネットで検索すると、外務省のホームページの中に「朝鮮国連軍地位協定」という記載が見つかります。政府はうそはつきません。しかし、積極的に広報しないで、ネットの片隅の方にこういった情報を置いておくことがあるんです。

 

今回のトランプの横田基地での演説と、この「朝鮮国連軍地位協定」を合わせて見ると、トランプ大統領は北朝鮮に対して「日本と一緒にやるぜ」というシナリオを見せたと読み解けるわけです。このことは首相官邸はもちろん分かっています。そういう意味でも、今は戦争の危機が高まっているんです。

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載佐藤優の地政学リスク講座~米朝開戦の可能性

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論について学び、特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに興味を持つ。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定(懲役2年6カ月、執行猶予4年)で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

著者紹介

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は! ? 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧