米朝開戦の可能性…現状分析から考え得るシナリオとは?

元外務省主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍し、現在は作家として執筆活動やラジオ出演、講演活動を行っている佐藤優氏の著書『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、緊張が高まる国際情勢分析をご紹介します。※本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。

高まる危機

私は2017年9月ごろまでは米朝戦争が起こる確率は10万分の1くらいだと思っていました。これは、ほとんど無視してもいいレベルの確率です。10月ごろは1万分の1に上がってきたと思いました。そして、11月になってからは1000分の1くらいになったと思っています。

 

1000分の1というのがどれくらいかというと、5軒先の家で小さな火事が起きている。それがわが家まで延焼してきて、自分の家が燃えるかどうかというレベルです。外交の世界で、1000分の1の確率というのは相当高いと考えていい。それぐらい危機は高まってきている。これが私の認識です。

 

国際情勢では、野球に例えればメジャーリーグであるアメリカ、中国、ロシアといった国が大きな力を持っているんです。ちなみに我々日本はマイナーリーグです。では、北朝鮮はどうかといえば、草野球レベルです。草野球レベルのチームが、核兵器と運搬手段を持ったことによって突然、メジャーリーグに入ってきて試合をしようとしている状況が今起きているんです。

アメリカの先制攻撃はない

ちなみに、アメリカが北朝鮮に先制攻撃すると言う評論家が時々いますが、これはあり得ないシナリオです。どうしてか。まず、日本の状況から見ていきましょう。

 

日本のパスポートには「3カ月以上海外に滞在する時は在留届を出してください」と書いてあります。それで、実際に在留届を出している人が韓国に大体4万人くらいいます。短期旅行などで出さなくていい人や、出したくないといって出していない人もいるのですが、大体その人数は出した人と同じくらいと見るのが外交の常識です。だから日本人は韓国に8万人くらいはいると考えていい

 

それで、韓国内の仁川空港や金浦空港などと、日本の成田空港や羽田空港、新千歳空港といった空港を結んでいる航空路線は、1日にどれぐらいあると思いますか。直近のデータでは160便ぐらいです。この中には小型機もあります。

 

次に飛行機に乗せられる人数を考えてみましょう。計算をやりやすくするために仮に250人乗せられるとした場合、1日に運べる人数は4万人です。8万人の人間を仮に全員日本行きの飛行機に乗せられたとしても、2日かかるんです。「それなら増便すればいい」という人もいますが、実際に朝鮮半島有事が起きたら、まず不可能でしょう。そもそもそれだけの人数を一度に安全に空港に集めるのも難しい。

 

アメリカ人はどうでしょうか。アメリカ人で韓国内に在留登録している人は約10万人います。やはり届け出をした人と同数くらいは届け出をしていない人いると考えられるので実際は20万人くらいはいると考えてよいでしょう。そうなると、アメリカ人も全員安全かつ迅速に国外に逃がすのは至難の業だということが分かりますね。

 

アメリカにも日本にも重要な価値観が三つあります

 

1番目は個人主義。政府が「避難しろ」と言っても、「私はいやだ」と言ったら、強制的に避難させることはできない。

 

2番目は合理主義。今の日本人は、竹槍でB29に突っ込むというようなことはしない。

 

3番目は生命至上主義。命が何よりも大切だということです。アメリカと日本はその価値観を共有している。

 

しかし、北朝鮮には、この三つのうち、個人主義と生命至上主義がないんです。国民の命が奪われても構わないと思っている。そういう国は強いんです。「お前、ここに行け」と命令されたら、行かなかったら殺されるから、みんな言われた通りに行動する。こういう状態になっているわけです。

 

また、韓国内にいるアメリカ人に「国外に逃げろ」と言ったって、現地に家族がいるということもあるでしょう。あるいは日本人だって、観光客だけでなくて、韓国内に地盤を築いて仕事をしている方もいると思う。そういう人たちにとって、韓国から出るということは、自分のビジネスの基盤を全部捨てるということになります。そこにはなかなか踏み込めないと思うんです。

 

そう考えると、アメリカがもし北朝鮮に先制攻撃をして、韓国内にいるアメリカ人が仮に数百人でも死んでしまったとしたら、トランプ政権は確実に吹っ飛ぶでしょう。そんなリスクは冒すことができない。

 

だから、米朝開戦があるとしても、それは、北朝鮮が先に攻めてくるようなシナリオしかないわけです。

本連載は、2018年1月22日刊行の書籍『佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載佐藤優の地政学リスク講座~米朝開戦の可能性

作家、元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。大宮市(当時)で高校卒業まで育つ。埼玉県立浦和高校卒業後、同志社大学神学部に進学。同大学院神学研究科修了。在学中は組織神学、無神論について学び、特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに興味を持つ。85年外務省に入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級)として対ロシア外交の最前線で活躍。外交官としての勤務のかたわら、モスクワ大学哲学部の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)も務めた。2002年5月、鈴木宗男事件に絡む疑惑をうけて、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕、起訴され東京拘置所で512日間拘留。2005年に執行猶予付き有罪判決。2009年6月に最高裁で上告棄却、執行猶予付き有罪確定(懲役2年6カ月、執行猶予4年)で外務省を失職。2013年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

著者紹介

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界

佐藤優

時事通信出版局

一触即発の世界はいつまで続くのか。 佐藤優が北朝鮮問題に切り込んだ本書の内容をQ&Aで紹介します。(本書の内容を構成しました。「…」部分は本書で) Q 米朝開戦の可能性は! ? 佐藤優 危機は高まってきている。5軒先でボ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧