デイトレードより中長期投資のほうが大きく儲けられる理由

日本ではアベノミクスやオリンピック開催により、今後3年以上は株高トレンドが続くと見られています。現在の株高トレンドにうまく乗って、株式投資で大儲けするにはどうすればよいのでしょうか。連載第1回目は、ある程度の資金がある場合、中長期投資がお勧めとなる理由などを見ていきます。

元手が少ない場合はデイトレードも高効率だが・・・

少ない資金から大きく儲けるには、勢いのある株を選んでデイトレードで利益を積み重ねていくのが最も効率のよい方法です。

 

元手が20万円しかない人が長期トレードをした場合、1年で50%も上がったとしても利益は10万円、元手は30万円にしか増えません。しかし、日々1%の利益取りでデイトレードを繰り返せば、41回目つまり2カ月後には元手は30万円に達します。そのまま続けていけば、1年後には資金の総額はなんと200万円を超えます。

 

もちろん、これはあくまで計算上の数字で、実際には半分以上が損切りだったりトントンで終わるケースも多々ありますから、ここまで大きく増えることはないでしょう。しかし、それでも少ない資金で始めるならデイトレードをコツコツやるほうが、長期トレードより資金が増えるということは分かってもらえたはずです。ちなみに、5%取りでは、こちらもあくまで計算上ですが、10回のトレードで元手は30万円を超えてきます。

デイトレードに比べると「楽」な中長期投資

一方、資金が数百万〜1000万円以上貯まったら、中期または長期のトレードに移行したり、デイトレードも続けるものの資金の大半は長期で運用したりという人が多いようです。多額の資金を持っている人がデイトレードをしてはいけない、ということではありません。ただ、資金がたくさんあれば、デイトレード以外にも大きく儲ける方法があり、しかもそれはデイトレードに比べると楽な運用方法であるということを言いたいのです。

 

例えば、1000万円保有していた場合、先ほどの例と同様に1年で50%上がれば、資金は1500万円になります。保有しているだけで500万円も儲けることが可能です。1銘柄ではリスクが高いと思えば、分散して保有することもできます。1000万円あれば、平均して500円、1単元1000株の優良株を20銘柄保有したり、あるいは2単元ずつ10銘柄を保有したりといったこともできるのです。

 

次回以降は、中長期のトレードの銘柄選びや投資法について、具体的に説明していきます。中期、長期のトレードでは、一度買ったらある程度の期間、その銘柄を保有するため、デイトレードに負けず劣らず銘柄選びを真剣に行う必要があります。逆に有望な銘柄を選べば、1年で50%どころではなく、2年で3倍、3年で5倍など、まとまった資金をさらに大きく増やすことが期待できるでしょう。

本連載は、2015年3月17日刊行の書籍『知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中長期の株式投資で成功する「銘柄の選び方」

株式情報サイト「キッチンカブ―」 代表
NSN株式会社 代表取締役社長 

1954年生まれ。証券会社、「産業と経済」編集人を経て、2000年より現職。デイトレードを中心に、株式投資に役立つ情報をインターネット上で毎日配信している。

著者紹介

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

鈴木 正剛

幻冬舎メディアコンサルティング

日本ではアベノミクスやオリンピック開催により、今後3年以上は株高トレンドが続くと見られています。この好機に、いよいよ株を買ってみたい、過去に失敗したけれど再チャレンジしてみたいと考える人が多い一方で、株は複雑で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧