どんな人が「株で億万長者になれる」のか?

前回は、様々な要因で急落した銘柄の「買い方」について説明しました。今回は、株で大儲けできる人々の特徴を見ていきます。

儲かっている投資家の出発点は「普通の会社員」!?

株で大儲けして「億」単位の資産を持っているというと、自分とは違う、何か特別な人ではないかと感じる人がいるようです。「そこまでは無理だから、ちょっと儲かればいい」と最初から諦めてしまう人もいます。

 

しかし、儲かっている人の出発点は、ほとんどが普通の会社員です。ある時点で会社をやめて専業トレーダーになった人も多くいますが、それは株取引、中でもデイトレードをやってみて自分に向いている、儲けられるという確信を得てからの話です。

 

また、株で大儲けする人は、最初から多額の資金を持っていると思っている人もよくいますが、それも誤解です。私の知る限り、いわゆる大金持ちはそれほど株で大きく儲けることはないようです。最初から資金があるのでハングリー精神に欠ける部分があるのかもしれませんし、大きく儲ける必要はなく数%の利益を安定的に出せばそれで足りるという考え方なのかもしれません。

 

大儲けしている人の多くは、最初は数十万〜300万円程度の資金からスタートしています。決して、1000万、2000万円からのスタートではありません。少ないところからコツコツと儲けを増やして、資金が1000万円程度まで到達すると、そこから1億円に増やしていくのは元手が大きいためそう難しいことではありません。

投資家には「学歴」も「学力」も必要ない

また、「億」を稼ぐトレーダーだからといって、学校の勉強がものすごくできたとか、学歴が突出しているという話もあまり聞きません。

 

逆に、頭でっかちのトレーダーは、体験を重ねて覚えていくことを軽んじてしまい、特にデイトレードではあまり大きな成果を出せないことのほうが多いようです。それより、基本を守ってコツコツと続ける根性があり、物事を前向きに考えることができ、スポーツに取り組むように感覚でトレードができるといったことのほうが、株で儲けるには重要なことなのです。

 

ですから、あなたが普通の会社員や主婦で、多額の元手があるわけではなく、人より頭の回転が速いというほどではなくても、何ら問題はありません。前向きな性格でコツコツやり続ける力があるのならば、もちろん向き不向きはありますが「大儲けできるトレーダー」になれる可能性は十分にあるのです。

本連載は、2015年3月17日刊行の書籍『知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中長期の株式投資で成功する「銘柄の選び方」

株式情報サイト「キッチンカブ―」 代表
NSN株式会社 代表取締役社長 

1954年生まれ。証券会社、「産業と経済」編集人を経て、2000年より現職。デイトレードを中心に、株式投資に役立つ情報をインターネット上で毎日配信している。

著者紹介

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

鈴木 正剛

幻冬舎メディアコンサルティング

日本ではアベノミクスやオリンピック開催により、今後3年以上は株高トレンドが続くと見られています。この好機に、いよいよ株を買ってみたい、過去に失敗したけれど再チャレンジしてみたいと考える人が多い一方で、株は複雑で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧