病院建築にも期待される「地球環境施策」・・・具体的な対応例①

前回は、高額になりやすい「病院建替え」のコストを圧縮する方法を説明しました。今回は、企業の事業活動に際して求められる「地球環境施策」について、病院の建築ではどのような対応をしているのか具体例を見ていきましょう。

病院建築にも「地球温暖化問題への取り組み」が必須に

地球温暖化問題への取り組みは、いまや世界の共通認識になりました。同時に、近年では企業の社会的責任(CSR)が強く求められるようになり、事業活動における環境負荷の低減を掲げる企業が一般化しています。

 

2009年にニューヨークで開催された国連気候変動サミットで、わが国は2020年までにCO2排出量を1990年比で25%削減することを宣言。自治体や企業でも、CO2排出量の25%削減が現実的な課題として議論されるようになりました。

 

病院建築においても、様々な地球環境対策の手法が提案されていますが、どの手法をどの程度まで採用するかは、個々の病院の条件により異なります。久米設計の病院設計タスクチームでは、地球環境対策に特化したリストを作成、環境負荷軽減のための手法がどの程度実施されているのか、基本設計時・実施設計時・竣工時の各段階でチェックし、把握します。以下、そのチェック内容の一部をご紹介します。

 

1.周辺環境への配慮

 

満足のいく新しい病院を建てたとしても、それが地域の生活や自然環境に悪影響を及ぼすことがあっては許されません。病院設計タスクチームは、地域生態系の保全、都市気候緩和・地下水涵養、環境汚染防止の手法をとくに重点的にチェックしています。

 

近年、地球温暖化問題と同様に注目されているのが、生物多様性です。地球規模の生物多様性を下支えしているのが地域ごとの生態系であり、その保全すべき範囲は森林や海、川、湖沼にとどまらず、土壌のなかの微生物や空中に漂う微生物まで含まれています。病院を建設するとき、地域の自然環境を破壊していないか、広い意味で生物に悪影響を及ぼしていないか、チェックすることが重要です。

 

また、都市のアスファルト舗装や空調機器、自動車の排気熱などが原因で起きるヒートアイランド現象は、夏の酷暑や大気汚染を招き、局地的豪雨の一因ともいわれています。ヒートアイランド現象を抑制するには緑化が有効なため、病院の敷地内はもちろん、屋上や壁面にまで緑化を施すのが効果的です。

 

また、透水性舗装材を採用することで雨水を地中へ浸透させ、植生や地中生物を保護。同時に地下水の涵養や、許容量を超えた局地的な豪雨時に下水や河川の氾濫防止に役立ちます。さらに、周辺の河川の水質や大気、土壌の汚染は、当然のことながら避けなければなりません。

 

ほかにも、悪臭や騒音、工事時の振動、日射障害や電波障害、地盤沈下の防止などへの配慮が必要です。

 

省エネルギー運用により「ランニングコスト」を削減

2.運用段階の省エネルギー・省資源

 

運用段階の省エネルギーはCO2削減に直結する問題であり、病院のランニングコスト全体にも大きな影響を与えます。

 

その内容は、建物の冷暖房効率を上げるための断熱性の強化と、エネルギーの有効活用に大別できます。建物内の熱がもっとも失われやすい窓には、Low-E複層ガラス(板硝子の表面に特殊金属膜をコーティングした2重ガラス)などを採用し、冷暖房した内部の熱を逃がさないようにします。同時に空調や排気で失われる熱を最小限にとどめ、無駄を抑えます。

 

さらに、従来なら廃棄していた熱エネルギーを冷暖房や給湯に再利用するコジェネレーションシステムもここに含まれます。

 

省資源では、自然エネルギーを有効活用し、化石燃料をはじめとする地球資源の消費量削減を目指します。自然エネルギーの活用といっても、太陽光発電や風力発電のような高額な設備投資を伴うものだけではありません。

 

建物に天窓や高窓を設け、自然採光により照明コストを削減する設計、同じく吹き抜けアトリウムに採光・換気用の天窓を設置し、自動開閉して自然換気するシステムなど、様々な手法があります。

 

また、水資源についても、排水再利用システムや雨水利用システム、各設備に合致した節水システムなどを採用することで、大幅な節水が可能です。

 

この話は次回に続きます。

 

本連載は、2017年8月30日刊行の書籍『病院再生の設計力[増補改訂版]』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「建設設計の力」で病院経営を改善する方法

1932年、建築家・久米権九郎によって創立された≪久米設計≫では、「人と社会への貢献」の理念のもと、「建築設計・監理」にとどまらず、「各種マネジメント&ソリューション」「環境設備エンジニアリング」「構造エンジニアリング」を柱にしたトータルソリューション業務を展開。おもに、事業の企画段階から設計、竣工後の運用アドバイスまで、一貫したサービスを提供している。とくに、業界に先駆け、同社内に「医療福祉設計部」を立ち上げるとともに、病院・介護施設などの設計プロフェッショナルたちが集まる「病院設計タスクチーム」では施主が抱える様々な課題解決を目指し、トータルな医療福祉コンサルティングサービスに取り組んでいる(写真は常務、執行役員の佐藤基一氏)。

著者紹介

病院再生の設計力[増補改訂版]

病院再生の設計力[増補改訂版]

久米設計 病院設計タスクチーム

幻冬舎メディアコンサルティング

【病院の設計から、経営を改善する―― 数々の病院を再生させてきた百戦錬磨のプロ集団が、設計のプロセスを公開 】 情報化・高齢化による市場の変化や度重なる医療制度改革にさらされ、病院経営は、年々厳しさを増しています…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧