株価の値動きについていく「分割売買」という手法

今回は、株価の値動きについていく「分割売買」について解説します。※本連載は、投資顧問会社「林投資研究所」代表取締役の林知之氏の著書、『プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践』(マイルストーンズ)の中から一部を抜粋し、個人投資家のための「うねり取り」実践のポイントを紹介します。

予測は個人的な「仮説」にすぎない

「当てよう」と躍起になっても結果は出ない。だから流れについていく──。「トレンドを考えろ」と説明しているが、そのトレンドが完全に終わらないかぎり、はっきりと確認できないのが現実だ。

 

「いま上げトレンドかどうか」は、実際に上がって天井を打ち、再び下げてしまうまでわからないのだ。だから「上げトレンドに移ったかもしれない」「そろそろ上げトレンドになるだろう」という推測で出動するのが、現実のトレードだ。

 

予測というのは上記のような推測であり、行動を開始するきっかけ、個人的な「仮説」にすぎない。だから、当てようとしないで流れについていこうという考え方が、現実的で実践的なのだ。

 

では、どうやってついていくのか。第1章(※書籍参照)でも述べた、「一点狙い」を避け、「分割してポジションをつくっていく」のである。

 

例えば5,000株買う場合に、ジッと動きを見ながら、最安値を狙って「5,000株買った!」というのはダメ、ということだ。一発勝負で一喜一憂するのも楽しいかもしれないが、結果をマネジメントする売買、シゴトとしてのトレードとはほど遠い。

 

新規に仕掛ける段階では、その銘柄の現在の動きにかかわりが浅い状態だ。必死に観察して考えたって、遠い存在なのだ。「どうだろう。この見込みでいいのかな?」と探っていく必要がある。

 

だから、まずは1,000株買ってみるのがスタートだ。わずか1,000株でもポジションを持てば、現実に損益が生じる状態に移行する。当事者意識が高まると同時に、値動きの“感じ”を受け止められる状態になる。ポジションなしで考えているだけのときとは、別世界だ。

 

「見込み通りのようだ」と思ったら、それから数量を増やしていく。例えば、さらに2,000株を買う。合計3,000株になったところで、再び「このまま進んでいいかな?」と考える。日々の値動き、自分が建てたポジションから受ける印象で自分の答えを出す、確固たる気持ちで“次の一手”を決めるのだ。

 

「よし、いける」と思えば、最後の2,000株を買って合計5,000株にして仕込みは完了する。

資産が増えても心がけたい「丁寧なトレード」

そんなことはまどろっこしいという人もいるが、たとえ異性に一目ぼれしたとしても、その日のうちにプロポーズすることはないだろうし、どんなものでも少しずつ、状況を確認しながら進むものだ。

 

食べ物だって試食する、洋服だって試着するのだから、大切な資産を運用するシゴトで、これくらいの手間をかけるのは当然である。

 

それに、例えば300万円でトレードを開始したとしても、資金が殖えないまま300万円で取ったり取られたりを続けるなんてことが終着点ではないだろう。

 

資金が殖え、例えば1億円になるというのがゴール(目標)ならば、300万円で5,000株のトレードが、将来的に1億円で16万株のトレードに育った状態を視野に入れておくべきだ。

 

1億円の運用をしながら16万株を一発で仕掛けるなんて、あまりに乱暴で雑といえる。資金が1億円になってからも通用する基本を最初に確立しておくために、資金が少ないうちから丁寧なトレードを心がけたい。

 

FX取引では、数万円の資金を口座に入れ、競馬やパチンコで遊ぶような感覚でトレードする人がいる。

 

「負けても、また気が向いたときに、こづかいから同額を入れればいいよ」という発想だが、こういうやり方は自由闊達とか思い切りがいいなどと評価したくはない。ダメなトレードのクセがつくだけだ。

 

予測を当てるのではなく、流れについていく。そのためには分割売買が必須で、技法の第一歩なのである。

本連載は、林知之氏の著書『プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践』(マイルストーンズ)から一部を抜粋したものです。稀にその後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
 掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載プロの分析思考に学ぶ―「うねり取り」株式投資の実践法

林投資研究所 代表取締役

1963年生まれ。幼少のころより投資・相場の世界に慣れ親しみ、株式投資の実践で成果を上げながら、独自の投資哲学を築き上げた。現在は、投資顧問会社「林投資研究所」の代表取締役。中源線建玉法、FAI投資法を中心に、個人投資家へのアドバイスを行っている。また、投資助言、投資家向けセミナー等を精力的に行うかたわら、投資情報番組「マーケット・スクランブル」のコメンテーターも務めている。林投資研究所の創設者である故・林輝太郎は実父。主な著書に『億を稼ぐトレーダーたち』(マイルストーンズ)、『これなら勝てる究極の低位株投資』(パンローリング)、『入門の入門 中源線投資法』『ブレない投資手法 曲げない投資哲学』(林投資研究所)などがある。

著者紹介

プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践

プロの視点 うねり取り株式投資法 基本と実践

林 知之

マイルストーンズ合資会社

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場師が好んで利用している。この「うねり取り」による売買法を基本から実践まで、幅広く、丁寧にわかりやすく解説したの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧