「自宅」を働かせて収入源に!?  賃貸併用住宅のススメ

人生で最も高い買い物といわれるマイホーム。本連載では、自己負担ゼロでマイホームが手に入る、「賃貸併用住宅」について解説します。

「生産性の高い働き方」が求められる時代に

世間では今、「働き方改革」が叫ばれています。

 

日本はすでに少子化に伴い人口減少社会に突入しているため、20歳から65歳までのいわゆる生産年齢人口は、今後減る一方です。

 

しかしそういう状況でも、経済成長率はそれなりに維持したい。ただ、そうは言っても今の時代、会社人間として家庭を顧みずに年中無休で働くというスタイルは社会にも会社にも求められていません。となると、一人当たりの生産性を高める、つまり働き方を改めていくほかありません。男性ばかりでなく、女性や高齢者、外国人にも労働現場に参加してもらう必要があるとなると、誰もが働きやすい環境が求められます。働き方改革は、時代の要請なのです。

 

これは何も、国の経済に限った話ではありません。家計の次元でも同じような「働き方改革」が求められているのではないでしょうか。

配偶者だけでなく、住宅も「働き手」として位置付ける

人口がまだ増加の一途をたどっていたころ家計を支えていたのは、もっぱら一家の大黒柱である世帯主だけでした。国が持ち家取得促進にアクセルを踏む中、一人の働き手の稼ぎでマイホームの夢を実現してきました。社歴に従って給与が増え、退職金にも年金にも不安を抱くことはありませんでした。土地神話の生きていた時代です。取得したマイホームの価格は年月とともに値上がっていくものと、誰もが信じていたからこそ、住宅ローンの返済が今のように不安視されることはありませんでした。

 

こうした働き手が一人の、いわゆる「一馬力」の世帯は、女性の社会進出が進み共働きが増えると、相対的に減っていきます。台頭してきたのは、夫婦ともに働き手である「二馬力」の世帯です。

 

この「二馬力」の時代の次に登場するのが、本書『絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム』で取り上げる賃貸併用住宅です。配偶者を働き手として位置付けるだけでなく、所有する住宅さえも、働き手の一つとして家計の中に位置付けて考えてしまおうというものです。

本連載は、2017年8月25日刊行の書籍『絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載賃貸併用住宅で実現する「0円マイホーム」

株式会社フューチャー・クリエーションズ 代表取締役

マンションリフォーム関連の会社で経営に携わり、共同経営者とともに4年で従業員260名の企業へ育て上げる。その後、不動産投資の株式会社フューチャー・クリエーションズを立ち上げ、代表取締役に就任。住宅と投資用、双方の不動産を知り尽くすエキスパート。
豊かな未来を創造することを理念に掲げ、収益不動産の売買を通して投資家をはじめとする全てのステークホルダーの豊かな未来創造に奔走している。

著者紹介

絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム

絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム

金子 征司

幻冬舎メディアコンサルティング

賃貸併用住宅は、マイホームの一部を賃貸用の部屋にして、家主が自宅として住みながらも家賃収入を得られる「働くマイホーム」です。しっかりと賃貸管理を行って家賃を確保できれば、住宅ローンの返済を毎月ゼロ円に抑えること…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧