賃貸併用住宅の購入で手に入る「本当の資産」とは?

前回は、マイホームとしての「賃貸併用住宅」に関心が集まる理由を解説しました。今回は、賃貸併用住宅の購入で手に入る「本当の資産」について見ていきます。

マイホームの購入で「資産」を手に入れたつもりでも…

前回の続きです。

 

その「負債」の一例が「持ち家」。つまり、マイホームです。

 

マイホームを購入するには、住宅ローンを組むのが普通です。そこで「負債」をつくることになるわけで、どれだけ一生懸命に働いても、そこで得られた収入はその「負債」の返済に回ってしまいます。まるで、働いて得たお金を入れるポケットに穴が開いているかのようです。これでは、いつまで経っても富を築くことはできません。さらに言えば、「負債」は労働を強いるわけです。これでは、誰のために、何のために働いているのか分からなくなります。購入した人はマイホームという「資産」を手に入れたつもりになっているのでしょうが、それは誤りというのです。

家賃収入が「ローン返済」を肩代わり

賃貸併用住宅は違います。家族とともに生活する場という面でマイホームとしての役割は果たしながら、「資産」としても位置付けられます。家賃収入という形で自ら働いてお金を生み出してくれます。ローン返済は家賃収入が肩代わりしてくれますから、働いて得たお金はポケットにどんどんたまっていきます。

 

すると、そのお金をまた生かすことができます。例えば、それを元手に別の「資産」を買う、つまり投資をするというのも一つの選択肢でしょう。それによって、手元のお金をさらに増やすことができるわけです。お金で買うべきは「資産」なのです。

 

ちなみに教育費への支出も、投資と言っていいでしょう。もし教育の失敗で、子どもがいつまでも働きもせずに家計に依存するように育ってしまったら……。子どもがしっかりと自立できるように育てていくという意味では、教育もまた投資の一つではないでしょうか。

 

同じマイホームを購入するにしても、それを「資産」として手に入れるか、「負債」として手に入れるか、二つに一つです。家族の将来にまで目を向け、本当の「資産」を手に入れたいとお考えなら、「働楽(はたらく)マイホーム」である賃貸併用住宅を選択すべきです。

本連載は、2017年8月25日刊行の書籍『絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載賃貸併用住宅で実現する「0円マイホーム」

株式会社フューチャー・クリエーションズ 代表取締役

マンションリフォーム関連の会社で経営に携わり、共同経営者とともに4年で従業員260名の企業へ育て上げる。その後、不動産投資の株式会社フューチャー・クリエーションズを立ち上げ、代表取締役に就任。住宅と投資用、双方の不動産を知り尽くすエキスパート。
豊かな未来を創造することを理念に掲げ、収益不動産の売買を通して投資家をはじめとする全てのステークホルダーの豊かな未来創造に奔走している。

著者紹介

絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム

絶対おトク!賃貸併用で実現する0円マイホーム

金子 征司

幻冬舎メディアコンサルティング

賃貸併用住宅は、マイホームの一部を賃貸用の部屋にして、家主が自宅として住みながらも家賃収入を得られる「働くマイホーム」です。しっかりと賃貸管理を行って家賃を確保できれば、住宅ローンの返済を毎月ゼロ円に抑えること…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧