「良い矯正歯科医」を見分けるポイントとは?

前回は、健康や見栄えなど、矯正歯科治療で得られるものについて考察しました。今回は、「良い矯正歯科医」を見分けるポイントを見ていきます。

「認定医」もしくは「専門医」であるかを確認

効果的で間違いのない矯正歯科治療を受けるには、腕が良く、経験と勉強を積み重ねている〝良い矯正歯科医〟に出会うことが大切です。そして良い矯正歯科医かどうかを見分けるポイントは、ずばり、「認定医もしくは専門医であるかどうかを確かめること」です。

 

日本の歯科医師法によると、歯科医師免許をもつ者は歯科医学に関するあらゆる分野を自由に治療することが認められています。つまり矯正に関する経験や知識の有無にかかわらず、歯科医師であれば「矯正歯科」と銘打って診療することができます。

 

極言すると「やろうと思えばやれる」「あまり知識が無く、実績もゼロに近い」程度のレベルの腕前しかなくても、矯正歯科を名乗れるというのが実状なのです。ですから、看板に「矯正歯科」と掲げてあっても、それだけで判断するのは早計です。

 

仮に「腕がいい」と評判の歯科医師がいたとしましょう。虫歯や歯周病の治療、インプラントや入れ歯のあつらえなど、歯科医師としての仕事は評判どおり、確かな技術をもっているかもしれませんが、その歯科医師が矯正歯科医として、どの程度、信頼のおける〝プロ〟であるかは未知数です。

 

そこで〝自称〟矯正歯科医かどうかを知るためにわかりやすい判断材料となるのが、日本矯正歯科学会が設けている「認定医・専門医」という制度です。

 

この日本矯正歯科学会による制度は、矯正歯科医療の水準の維持と向上、そして一般市民の皆さんに適切な医療を提供することを目的に設けられています。

 

「認定医」の取得には、歯科医師免許を有していることは当然として、「学会指定研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了すること」「学会の定めた矯正歯科治療症例、合計150症例以上を自分で治療し、学会が行う認定医試験に合格すること」「自分が筆頭著者の論文を学会の定める雑誌で発表すること」など、いくつかの条件が必要となります。

認定医と専門医は日本矯正歯科学会のサイトで確認可能

また、さらにグレードの高い「専門医」の認定を受けるためには、日本矯正歯科学会認定医資格を有することのほかに、「学会の定めた10 種類の課題症例を自分で治療し、その全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること」という条件が必要となります。

 

この日本矯正歯科学会には、現在、3123名の認定医と306名の専門医がいます(2017年1月現在)。

 

同学会のサイトに認定医と専門医の名簿一覧が公開されており、医師の名前と診療所名と住所、電話番号を知ることができます。全国、都道府県別に検索することもできるので、通える範囲に認定医がいるかどうかをチェックしてみるといいでしょう。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

歯科医師、歯学博士、フリーランス矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)

1980年名古屋生まれ。2005年愛知学院大学歯学部卒。2006年東京歯科大学千葉病院臨床研修医修了。2010年歯学博士取得(東北大学)。2011年東北大学大学院顎口腔矯正学分野助教。日本矯正歯科学会認定医取得。2014年宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業。
最新の技術で〝噛み合わせ〞と〝エステティック〞に配慮した矯正治療を行う。矯正治療の技術を活かした一般歯科とのチーム医療で歯の寿命を延ばし、健康な体を保つための理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案。歯科医師・衛生士がつたえる本格歯科サイト「歯の知りたい!」で歯並びや噛み合わせに関する情報を発信している。

著者紹介

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

宮島 悠旗

幻冬舎メディアコンサルティング

歯学博士であり、フリーランス矯正歯科専門医として活躍している宮島悠旗氏。両親ともに歯科医師という宮島氏にとって、口元のケアは当然のエチケットとして育てられてきたといいます。しかしながら世間を見渡せば、口元に気を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧