健康・見栄え・・・矯正歯科治療で得られる効果とは?

前回は、予防医学の観点から見た矯正歯科治療の可能性について取り上げました。今回は、健康や見た目のよさなど、矯正歯科治療で得られる効果について見ていきます。

歯の寿命をさらに延ばす「日々のケア+矯正歯科治療」

私は矯正歯科の専門医ですが、歯の健康、身体の健康まで考えた治療を意識し、一般歯科と連携して矯正歯科治療を行っています。それは、“見た目だけ”を整えるためではなく、“患者さんの美容と健康の向上”を治療の目的としているからです。

 

本当の美しさというのは、「健康あってこそ」のものでしょう。きれいな歯並びや歯の白さもやはり、“歯が健康であること”を前提として目指すべきものだと思います。

 

そして、歯の健康のためには、「虫歯や歯周病の予防のために定期的に検診を受けること」「虫歯や歯周病になった時には放置せずなるべく早く治療し、治療後は再発予防につとめること」「歯が抜けた部分を放置しないこと」を実践していってもらいたいと思っています。

 

こうした日々のケア&メンテナンスに矯正歯科治療をプラスすれば、歯の寿命をさらに延ばすことができるようになります。

保険適用されない矯正歯科治療は、確かに高額だが…

超高齢社会に突入し、医療費が年々増加していることが問題ともなっている昨今ですが、私は、健康寿命を延ばすことが期待できる歯科治療、矯正歯科治療が、こうした問題の解決の糸口のひとつになるのではないかと考えています。

 

矯正歯科治療は基本的には保険が適用されないため、一般の感覚で考えれば、確かに「治療費が高い」と感じる人もいるでしょう。

 

ですが、「矯正歯科治療で歯並びを正すことで、虫歯や歯周病はもちろん、さまざまな病気を予防することができる」と考えてみると、矯正歯科治療をする価値は充分にあるのではないでしょうか。

「矯正歯科治療にかかる費用で、将来の健康も買うことができる」と考えたら、矯正歯科治療の本当の価値が見えてくるのではないでしょうか。

 

健康だけでなく美しさや若々しさなどを得られることもプラスすると、矯正歯科治療の価値はまさに“プライスレス”です。

 

矯正歯科治療は損得勘定で語れるものではないのですが、正しい歯並びがもたらすさまざまな効果を考え併せれば、支払う金額の元は充分に回収できると思います。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

歯科医師、歯学博士、フリーランス矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)

1980年名古屋生まれ。2005年愛知学院大学歯学部卒。2006年東京歯科大学千葉病院臨床研修医修了。2010年歯学博士取得(東北大学)。2011年東北大学大学院顎口腔矯正学分野助教。日本矯正歯科学会認定医取得。2014年宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業。
最新の技術で〝噛み合わせ〞と〝エステティック〞に配慮した矯正治療を行う。矯正治療の技術を活かした一般歯科とのチーム医療で歯の寿命を延ばし、健康な体を保つための理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案。歯科医師・衛生士がつたえる本格歯科サイト「歯の知りたい!」で歯並びや噛み合わせに関する情報を発信している。

著者紹介

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

宮島 悠旗

幻冬舎メディアコンサルティング

歯学博士であり、フリーランス矯正歯科専門医として活躍している宮島悠旗氏。両親ともに歯科医師という宮島氏にとって、口元のケアは当然のエチケットとして育てられてきたといいます。しかしながら世間を見渡せば、口元に気を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!