高まる「きれいな歯並び」への関心…日本の矯正歯科治療の現状

前回は、欧米では一般的な 「矯正歯科治療がステイタス」になる文化について紹介しました。今回は、日本でも高まる「きれいな歯並び」への関心と、矯正歯科治療の現状を取り上げます。

人目を気にする日本人が生んだ「裏側矯正」

前回の続きです。

 

とはいえ、日本ではなぜか「矯正歯科治療の装置を付けるのは恥ずかしいこと」というイメージが広く浸透してしまっているような気がしています。そのせいもあるのでしょうか、「ワイヤーを付けるのは嫌だ」とか「ワイヤーの見た目が気になる」という理由で、矯正歯科治療をためらっている人が多くいると感じています。

 

あえて装置をカラフルに飾っておしゃれを楽しむ人がいる一方で、矯正歯科治療をしていることをなるべく見られないようにしたいという患者さんは確かに多いのですが、裏側矯正や透明なブラケットと白いワイヤーを使った矯正歯科治療、透明のマウスピースをつかったマウスピース矯正など、そうした患者さんのニーズに応えるための矯正器具や方法もいろいろとあり、目立たず、周囲に気付かれずに矯正することも可能になっています。

 

ちなみに「リンガル矯正」「舌側矯正」とも呼ばれる裏側矯正は、「装置が見えるのが嫌だから、矯正したくない」という日本人の悩みに応え、日本人が最初に開発した矯正方法です。

 

裏側矯正はその名のとおり、矯正装置を歯の裏側に付けて行います。矯正していることが外から見えず、他人に気付かれにくいというのが大きなメリットで、欧米ではあまりポピュラーではありませんが、日本ではとても人気のある矯正となっています。

 

人前に出ることの多い仕事に就いている人などは、矯正装置を付けて生活するのが難しいという場合があるかもしれません。また、いくら欧米では当たり前で、ステイタスすら感じさせるものであると言われても、「日本ではまだ、人目が気になるから」ということもあるでしょう。

 

しかし、だからといって「矯正歯科治療を諦める」と結論づけてしまうのは、とても惜しいことだと思います。そのような悩みで矯正歯科治療をためらっているのであれば、〝目立たない矯正〟について、一度、矯正歯科医に相談してみることをおすすめします。

成人式や結婚式に向けて歯並びを治す女性が増加

大人になってから矯正歯科治療をしようと考える人は、今は圧倒的に女性のほうが多いのですが、特にその中でも増えてきているのが、「人生の中での大事なタイミングに合わせて、歯並びを治したい」というニーズでしょう。

 

私のところにも、18~19歳になった頃に「成人式までに歯並びを治したい」と矯正を始める女性や、結婚が決まってから「結婚式までに、きれいな歯並びになっていたい」という女性がよく訪れます。矯正のメニューとして提案しているわけではないのですが、いつの間にか「〝ブライダル矯正〟をしたい」と言われることも多くなりました。

 

振り袖やウエディングドレスの晴れ姿は、一生に一度の思い出となります。プロのカメラマンに頼んで写真を撮ってもらうという人も多いことと思いますが、「せっかくの機会だから、もっときれいになって、素敵な笑顔で写りたい」と願うのは自然な欲求なのでしょう。

 

また、今の若い人たちはプリクラをしたり、スマートフォンで自撮りしたりしていると思います。そのような写真を日常的に撮る文化が定着し、自分の顔を客観的に見つめる時間が増え、歯の白さや歯並びに対しても、以前より若い世代を中心に関心が高まってきたのではないでしょうか。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

歯科医師、歯学博士、フリーランス矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)

1980年名古屋生まれ。2005年愛知学院大学歯学部卒。2006年東京歯科大学千葉病院臨床研修医修了。2010年歯学博士取得(東北大学)。2011年東北大学大学院顎口腔矯正学分野助教。日本矯正歯科学会認定医取得。2014年宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業。
最新の技術で〝噛み合わせ〞と〝エステティック〞に配慮した矯正治療を行う。矯正治療の技術を活かした一般歯科とのチーム医療で歯の寿命を延ばし、健康な体を保つための理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案。歯科医師・衛生士がつたえる本格歯科サイト「歯の知りたい!」で歯並びや噛み合わせに関する情報を発信している。

著者紹介

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”

宮島 悠旗

幻冬舎メディアコンサルティング

歯学博士であり、フリーランス矯正歯科専門医として活躍している宮島悠旗氏。両親ともに歯科医師という宮島氏にとって、口元のケアは当然のエチケットとして育てられてきたといいます。しかしながら世間を見渡せば、口元に気を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧