スリランカ、外国人投資家に対する規制を緩和へ

さまざま分野において外資の参入を規制してきたスリランカ。しかし、さらなる経済発展を目指すため、規制を緩和していくべきだという動きが出てきています。

外国人による「不動産所有」も開放か?

先日、コロンボで開催されたビジネス・フォーラムにおいて、外国人投資家への規制の緩和と金融分野のさらなる自由化をすすめていくと財務大臣のラヴィ・カルナナヤケ氏が明言した。

 

国内投資家の活動を活発化させるという大臣の発言に対し、海外投資家への規制を強めるつもりかと問われ、そうではなくむしろ「現在、制限されていることも解除される予定です」と大臣は答えた。続けて、スリランカのいくつかのセクターで行われている外国人投資家に対しての規制を緩め、国内の投資家を刺激していくことを表明した。

 

また同氏は今後、金融分野でのさらなる解放と土地に対する海外投資の緩和も行われるだろうとし、さらに紅茶加工産業における自由化も議論されていることを伝えた。

国際的な流通のハブ化には外資の呼び込みが不可欠

スリランカは海運とロジスティックスのハブを目指している一方で、独立闘争後の経済的ナショナリズムの名残りにより、海運業などの多くのセクターでは、外国人投資家に対しての投資制限がある。

 

特にロジスティックスの分野で顕著だが、このような制限が外国人投資家を尻込みさせている。この分野で外資が本格的に参入できた例は一つしかなく、それはスリランカの貨物ビジネスに投資をする日本企業によるものであった。

 

スリランカの民間貯蓄率は高い一方で、国内全体での貯蓄率は低い。これは政府が財政赤字を解消できていないためである。また、国営企業の赤字の垂れ流しにより「民間貯蓄」も徐々に減ってきている。そして国内の貯蓄投資ギャップを埋めるためには、海外からの投資が必要だと大臣は言う。

 

フォーラムに参加した証券会社の経営者も、投資制限は海外の株主を獲得することを阻害していると訴える。

 

スリランカの2016年度予算は11月20日に提示される予定だが、その前の11月4日頃には、ラニル・ウィクラマシンハ首相による所信表明が行われる予定になっており、具体的な方針が示されるかが注目される。

EconomyNext

GTACと提携するスリランカのオンライン・ニュース・サイト。独自の取材網を築き、スリランカの経済、金融を中心とした幅広いニュースを報じている。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

連載GGO編集部による最新トピックス

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest