身内の臨終・・・まず行うべき「訃報」の準備と具体的な知らせ方

本連載は、行政書士の廣末志野氏、特定社会保険労務士の田口乙代氏、税理士の佐伯茂樹氏の共著、『さあ大変!どうする?身内が亡くなったあとの始末』(北辰堂出版)の中から一部を抜粋し、身内の死亡時に何をすればいいのか、具体的な対応策をご紹介します。

できれば生前に「訃報の連絡先リスト」を準備

■まず訃報を知らせなければ

 

大切な身内の方の臨終という事態に接したら、とても悲しくつらいものですが、心をしっかり冷静に保ち、やるべきことを果たさなければなりません。それが、残された者の義務でもあります。

 

1.すぐ知らせるべき相手がわかりますか

医師から臨終と告げられたら、至急親族や親しい友人の方々へ連絡します。そのお知らせは、あまり遅くならないようにしなければなりません。親族であれば、遠方で相手が来られそうでなくても、知らせは入れるほうがよいと思います。ただし相手が病気の場合には、連絡するかしないかについて慎重に判断する必要があるでしょう。

 

2.連絡先のリストは、できれば生前に準備したい

臨終が迫ってきたら、本人の三親等内の親族などを目安に、また特に親しい友人などを中心に、連絡先のリストを作っておくとよいでしょう。

 

できれば生前に、万一に備えて、故人みずからお知らせすべき連絡先のリスト等を用意してあれば、それがベストです。それが望めない場合は、故人あてに届いている年賀状や住所録などを手がかりに連絡先を探すことになります。

 

死亡直後に、電話で連絡すべき相手はだれでしょうか。通夜・葬儀の前に、電話やFAX、電報、メール、SNS等で連絡すべき方々はどなたでしょうか。そして葬儀後に連絡すべき相手は誰か、などに分けてリストをつくり、お知らせしましょう。

 

3.三親等とは

一親等 父 母子供

二親等 祖父母 孫 兄弟姉妹

三親等 曾祖父母 伯父(叔父) 伯母(叔母) 甥姪

訃報には「社会的に死亡を知らせる」という目的も

■どのように連絡しますか

 

1.亡くなった直後に連絡する相手には

臨終に間に合わなかった親族、故人が会いたがっていた友人等へ、死亡の第一報を知らせます。訃報の連絡をするときは、メモを手元に置いて、基本的に次の5点を伝えましょう。

 

○亡くなった人の名前

○亡くなった日時

○死因(簡単に)

○お葬式の日時・場所 決まっていない場合は、改めて連絡する旨

○自分(もしくは他の責任者)の連絡先

 

大切な方が亡くなった事実に直面し、自分が想像以上に動揺している場合もあるものです。むやみに急ぐ必要はありません。あわただしく早口になってはいけません。気を落ち着けてしっかり連絡するようにしましょう。

 

2.葬儀後に知らせる挨拶のしかた

訃報を知らせる範囲は「誰に」「どこまで」という正解がありません。故人の希望が残されていれば、それに従うことが優先となりますが、遺族の判断で連絡範囲を決定したとしても、間違いではありません。その反面、訃報には「社会的に死亡を知らせる」という目的もあります。特に仕事関係で交際範囲が広い場合は、できるだけ漏れがないように心がけることが肝要です。

 

事後報告というのも選択肢のひとつだと思いますが、お互いに連絡先を知っている場合は、できるだけ連絡を差し上げてはいかがでしょうか。本人の希望があったり、いろいろな事情から、葬儀を小規模に「家族葬」で行いたい場合もあるかもしれません。そのような場合は、「葬儀は故人の遺志により、家族だけで執り行いました」という言葉を添えてお知らせするようにしましょう。

 

■一人で悩むより相談相手

 

1.友人や親戚に経験豊かな人はいないか

喪主は通常、故人の配偶者またはその子供(主に長男)が務めますが、配偶者や子供がいない場合は、親が務めます。喪主は、遺族の代表者として弔問客への応対に当たることが多く、こまごまと動くことができないので、実際の進め方の相談に乗ってくれたり、担当してくれる世話役を、友人・親戚から選んでおけるといいですね。

 

2.プロに相談することも考える

葬儀のプロといえば、「葬祭ディレクター」と呼ばれている方々です。葬儀社に所属していて、通夜・葬儀についての必要な知識と技能を持っています。一般の人は、葬儀について不慣れなことも多く、誰に相談すればいいのか分からない場合も少なくありません。そんなとき不安なことは、葬祭ディレクターに相談するのがおすすめです。

本連載は、2016年10月15日刊行の書籍『さあ大変!どうする?身内が亡くなったあとの始末』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

行政書士 

神奈川県行政書士会所属。一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター神奈川県支部所属。
法政大学法学部卒業後、2004年 独立開業。
起業家支援、遺言書案・任意後見契約書案・相続関係説明図・遺産分割協議書の作成等をはじめ、成年後見と遺言に関するセミナー講師など成年後見制度の普及啓発活動を行っている。

著者紹介

特定社会保険労務士 

東京都社会保険労務士会所属。
東京農業大学農学部卒業。食品会社、IT企業に勤務した後社会保険労務士資格を取得。
労務管理の相談や労務に関する各種手続き・申請、就業規則の作成等の企業サポートのほか、一般の方に対する講演、相談などにも積極的に取り組んでいる。

著者紹介

税理士 

東京地方税理士会緑支部所属。ファイナンシャルプランナー。個人情報保護士。
明治大学商学部卒業。複数の税理士事務所勤務の後、独立。神奈川県の企業を中心に贈与・相続関連業務など幅広く税理士活動を行っている。

著者紹介

連載もしもの際に慌てない!身内が亡くなったときの対応策

さあ大変!どうする? 身内が亡くなったあとの始末

さあ大変!どうする? 身内が亡くなったあとの始末

廣末 志野,田口 乙代,佐伯 茂樹

北辰堂出版

身内の死に直面したとき残された人はどうしたらいいか……。葬儀から遺言、相続、遺品の整理まで、分かりやすくその道のプロが教える便利な本!! 高齢化時代、手元に置きたい一冊。 【目次】 第1章 突然のお別れ……やらなけ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧