初心者でもすぐに実戦できる! 9マス将棋の初期配置

9マス将棋とは、日本将棋連盟・青野照市九段の「これから将棋を始めたい人や駒の動かし方を覚えたばかりの人に、将棋の基本や面白さを知ってもらいたい」との思いから考案された、3×3マスの盤と8種類の駒を使って対戦するミニ将棋です。シンプルながら奥深いそのゲーム性で、将棋の腕が上がること間違いなし! 今回は、9マス将棋の基本ルールと遊び方、そして初期配置を紹介します。

実戦! 9マス将棋をやってみよう

ルール

駒は全部で16枚あります。

●それぞれの駒の動かし方や、基本的なルールは将棋と同じです。

●駒を「成る」ことができるマスだけが将棋とは異なります。敵陣の一段目が成れる場所です。

●手番(どちらが先に指すか)はジャンケンなどで決めます。

 

遊び方

●初期配置のパターンは、下の例を含めて40通りあります。

●初期配置を選んだら、同じように盤に駒を並べます。最初から持駒を使う場合もあります。交互に一手ずつ駒を動かして、先に相手の〔玉〕を詰ませたほうが勝ちです。

●「入門」「初級」「中級」「上級」とレベル分けしているので、初心者の方は順にステップアップしていってください。すでに将棋に親しんでいる方は、レベルに合わせて自由に楽しんでみてください。

 

 

 

レベル別初期配置例

【初級1】

ポイント

〔銀〕の動けるマスに注意してください。

 

【初級2】

 

ポイント

〔飛〕をうまく使いましょう。

 

【上級】

 

ポイント

どちらも最善の手を指すと、引き分けになります。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「教育」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載特別企画――3×3の9マスではじめる、新感覚の将棋ゲームが発売!

  • 初心者でもすぐに実戦できる! 9マス将棋の初期配置NEW

出版社名:幻冬舎
発行年月:2016年8月

9マス将棋とは、3×3の9マスではじめる新しいタイプの将棋ゲームです。これから将棋を始めたい人や、駒の動かし方を覚えたばかりの人にぴったりのシンプルだけど奥深い内容です。
日本将棋連盟 監修・推薦。青野照市九段 考案。

幻冬舎エデュケーション局
http://www.gentosha-edu.co.jp/

  

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧