肩が凝ったら叩いてもいい? 「肩の痛み」に関するQ&A②

前回は、痛むときには冷やすべきか、温めるべきかといった、「肩の痛み」に関する質問を紹介しました。今回は、肩が凝った際に叩く・揉むなどといった対処が有効であるのかを見ていきます。

そもそも肩凝りは、筋肉がダメージを受けている状態

Q:肩凝りのとき、肩を叩いたり揉んだりするのは良くないと聞いたのですが?

A:自己判断で行うのは避けましょう。

 

肩凝りに悩む人の多くは、肩を揉んだり叩いたりするのが良いことと思っています。確かに、凝っているところを揉むと気持ちが良く、凝りもほぐれて肩が軽くなった感じがします。

 

しかし、筋肉は表面の浅い部分だけではなく、深い部分にもあり、それがアウターマッスルとインナーマッスルですが、一時的に揉んだり叩いたりしても、深い部分までほぐして血流を改善するのは難しいことなのです。

 

さらに、凝りがひどいからと力を入れて揉んでしまえば、「揉み返し」といって痛みを引き起こすこともあるのです。

 

そもそも肩凝りは、筋肉がダメージを受けている状態でもありますので、ここで揉んだり叩いたりするとダメージを与え、筋肉を傷つけてしまう恐れがあります。傷ついた筋肉が修復されるときは硬くなりますから、逆に肩凝りが悪化することもあるのです。

 

だからといって、揉んだり叩いたりすることがいけないわけではありません。リハビリなどの手技には、マッサージなどもあるからです。

 

したがって、適切な方法で行えば効果はありますが、自己判断で揉んだり叩いたりすると、効果を得られないばかりか、筋肉を傷つけてしまう危険があるということです。

通常、四十肩・五十肩の再発はほとんどない

Q:一度五十肩をやると何度も再発するのでしょうか?

A:再発はしません。

 

四十肩・五十肩は通常、一度起こると同じ側の肩に再発することはほとんどありません。ただし、反対側の肩に起こることはあります。また、一方の五十肩が良くなってきたとき、反対側に起こるケースも多く見られますが、両方同時に起こることはありません。

 

四十肩・五十肩の発症メカニズム自体が、いまだに解明されていない状況ですので、なぜ再発しないのか、その理由もわかっていません。

 

ですから、五十肩を起こしたのと同じ側の肩に痛みを繰り返す場合は、ほかの疾患が考えられ、中でも腱板断裂の可能性が高くなります。もしも再発したと思ったときは、早めに医療機関を受診しましょう。

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「肩の痛み」を速やかに取り去りアクティブライフを送る方法

麻生総合病院 スポーツ整形外科部長

肩治療のスペシャリスト。
医学博士。日本整形外科学会認定専門医。日本肩関節学会代議員。日本整形外科スポーツ医学会代議員。昭和大学藤が丘病院兼任講師。
専門分野はスポーツ整形外科、肩肘関節外科、関節鏡視下手術。
1990年昭和大学医学部卒業。
現在は、同病院で勤務医として活躍するだけでなく早稲田大学ラグビー蹴球部のチームドクターを務める。

著者紹介

「肩」に痛みを感じたら読む本

「肩」に痛みを感じたら読む本

鈴木 一秀

幻冬舎メディアコンサルティング

四十肩(五十肩)の発症率は70%を超え、もはや国民病と言っても過言ではありません。 一般に、肩の痛みや違和感は放置する人が多いのが実情ですが、手遅れの場合、尋常ではない痛みと共に日常動作をままならなくなり、最悪の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧