経済的に無理のない「介護資金計画」を立てるには?②

前回に引き続き、経済的に無理のない「介護資金計画」の立て方を見ていきましょう。今回は、在宅介護をした場合と、施設を利用した際の料金の違いを紹介します。

施設より「在宅介護」のほうがコストが高い!?

前回の続きです。

 

「総資産」から「介護にかかる総経費」を差し引いても、できれば数年間は余裕を持って生活できる程度の残高があるようにしましょう。今後病気やけがで医療費がかさんだり、要介護度が上がったりして、思わぬ出費の可能性が高いためです。この計算ですでにマイナスになってしまう場合は、もう一度内容を検討します。

 

なお、在宅介護の費用は、1割負担の場合でひとりあたり平均月額6万9089円かかります(家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」2011年)。介護保険の居宅介護サービスの利用料は月額平均3万7091円、それ以外にかかったおむつなどの購入費や医療費は月額平均3万1998円でした。

 

要介護度別のデータを見ると、要介護度が上がるにつれて介護サービスの利用料が増えて合計額も高くなることが分かります。住宅改修費なども考慮すると、施設よりも在宅介護のほうがコストが高くなることもあるので注意が必要です。

 

[図表1]要介護度別 在宅介護の高齢者のための支出合計額

公益財団法人家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より作図
公益財団法人家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より作図

 

[図表2]要介護度・認知症の状態別 在宅介護の高齢者のための支出合計額

公益財団法人家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より作図
公益財団法人家計経済研究所「在宅介護のお金とくらしについての調査」より作図

施設によっては数百万円以上の「入所一時金」が必要に

施設を利用する場合は、施設の種類と要介護度、土地建物、メンテナンス、ランニングコスト、人件費などにより費用は大きく異なります。たとえば私の法人が運営する「グレイスフル上前津」は、施設内に特別養護老人ホーム(特養)と介護付き有料老人ホームを併設しており、料金体系が異なります。

 

施設では介護サービス費とは別に居住費や食費、生活に必要な費用(雑費や洗濯代など)を支払う必要があります。なお、有料老人ホームやグループホームなどへの入所の際は「入所一時金」がかかることがあり、施設によっては数百万~数千万円になります。

 

入所一時金の支払いで貯金の大半を使い切ってしまうケースをよく聞きますが、お勧めできません。後日要介護度が上がったり医療依存度が高くなったりした時に、施設を移らなければいけないことがあるからです。施設を移ると再び入所一時金が必要になるので、余裕を持った資金計画を立てましょう。

 

親がどのような介護サービスを望むのか、預貯金はいくらあるのか、そして家族としてはどれだけのことができるのか。最低でもこれらのことは、よく話し合って決めておきましょう。

 

そして、いざ介護が必要になった時に、こうした情報をすべてケアマネジャーに話してください。ケアマネジャーは状況を客観的に判断してアドバイスしてくれるプロであり、強力な味方になってくれるはずです。

本連載は、2017年6月23日刊行の書籍『人生を破滅に導く「介護破産」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。介護保険サービスの金額は、社会福祉法人サンライフの金額を参考に記載しています。実際の金額は利用する施設などへお問い合わせください。本来、施設の種類によって「入居」「入所」と書き分けるべきですが、文章の分かりやすさに配慮し、すべて「入所」に統一しています。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載介護破産を回避する「介護サービス」「施設選び」のポイント

社会福祉法人サンライフ/サン・ビジョン 理事・最高顧問

設計監理事務所経営後、1984年都市住宅研究所を設立。1987年社会福祉法人サンライフ、1996年社会福祉法人サン・ビジョン創設を経て、介護、住宅、医療、児童福祉事業を愛知県、岐阜県、長野県にて展開。

1995年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ジョン・F・ケネディ大学より名誉博士号授与。2004年、米国International Leadership Foundationより2004年Leadership賞を授与。2006年、愛知県老人保健施設協会監事就任。2007年、アメリカ合衆国連邦政府保険省高齢者庁より表彰状授与。2009年より全国個室ユニット型施設推進協議会副会長。2010年、介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣賞受賞。2014年、全国ノーリフト施設協議会代表理事就任。同年春の藍綬褒章受章。2015年、一般社団法人愛知・名古屋ふくしネットワーク代表理事、一般社団法人国際介護士協会代表理事就任。2016年、一般社団法人名北労働基準協会理事就任。

著者紹介

人生を破滅に導く「介護破産」

人生を破滅に導く「介護破産」

杢野 暉尚

幻冬舎メディアコンサルティング

介護が原因となって、親のみならず子の世帯までが貧困化し、やがて破産に至る――といういわゆる「介護破産」は、もはや社会問題の一つになっています。 親の介護には相応のお金がかかります。入居施設の中でも利用料が安い特…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧