香港のPI(Professional Investor)宣言で投資可能な商品

最終回の今回は、香港のPI(Professional Investor)宣言で投資が可能となる商品についてみていきます。 ※本連載では、2016年4月5日に刊行された『グローバル資産防衛のための「香港銀行口座」活用ガイド』の中から一部を抜粋し、香港「プロフェッショナル投資家」になる方法とメリットを見ていきます。

香港なら約800万香港ドルでプロ投資家に

《PIファンド》
先に、「PI(Professional Investor)」宣言をすれば、個人投資家が運用できないような、機関投資家向け、あるいはプライベートバンキングでしか取り扱っていないハイスペックな運用商品を活用できる、という事実を紹介しました。こうしたPI向けの金融商品というのも、実は香港に行けば数多く存在します。

 

日本にも、プロ投資家の制度として「適格機関投資家」という制度はありますが、金融庁長官に届け出るなど、厳しい条件があり、最近になって法改正が行われるなど、年々厳しい内容になってきます。その点、香港であれば800万香港ドル(約1億4000万円)でPI投資家の仲間入りができます。

 

こうしたプロフェッショナルを対象としたファンドが、いわゆる「PIファンド」と呼ばれるものです。PI宣言をした人専用のファンドといっていいでしょう。具体的なケースをいくつか簡単に紹介しておきましょう。


● 欧米有名大学基金ミラーファンド
年金運用というと、日本では公的年金を運用する「GPIF(年金積立金管理運用独立 行政法人)」が、2015年7〜9月の運用でマイナス7兆8899億円の損失を出すなど、しばしば日本の年金運用環境は難しいことが報道されますが、その背景には日本国内の特殊な金融市場の影響が大きくあると考えられます。

 

日本には年金運用のプロフェッショナルが少なく、運用成績で実績を上げられないという現実があります。これが海外では年金運用を専門に行うヘッジファンドなどの運用機関が数多くあり、安定的ではあるものの一部でアグレッシブな運用を心掛ける年金基金も少なくありません。

 

たとえば、米国のハーバード大学の年金基金「ハーバード・マネージメント・カンパニー」などは、高い運用力でよく知られています。そこで、最近はこうした有名大学の年金基金と同じポートフォリオを組んで、同様の安定した高い運用益を獲得するための「ミラーファンド」などが出ています。

 

ミラーファンドとは、その名の通り鏡のようにそっくりコピーしたファンドのことで、同様の運用実績が期待できます。こうした有利な金融商品というのは、なかなか個人投資家にまで回ってこないことが多く、機関投資家などに回ってしまうことが少なくありません。まさに「PIファンド」の一種というわけです。

 

日本ウエルス銀行(NWB)では、こうしたミラーファンドをオーダーに応じてアレンジするといったサービスも展開しています。億単位の預入資産が必要なプライベート・バンキングでなければ実現しないことも、状況が許せば可能ということになります。

仕組みが難解なタイプも少なくないが・・・

さて、そのPIファンドですが、ハイリスク・ハイリターンを絵に描いたような商品ですから、ある程度の価格変動は覚悟する必要があります。特に、PIファンドの中には、世界経済が大きく動いたり、金融市場が想定を超えて乱高下するときに、大きく儲けが出たり、逆に損失が出てしまう金融商品が少なくありません。

 

ある程度の知識を持って投資することも重要ですが、たとえば米国の金利が上昇していく局面とか、原油価格が大きく下落したり、リバウンドしたりするような局面では、予測が非常に難しくなります。

 

さらに、仕組みが難解な金融商品が多いため、きちんと説明を受けてから投資することも大切です。日本語が通じるとはいえ、国際金融センターである香港の銀行ですから、日本人が想定している以上の変わった金融商品もあります。

 

日本の銀行と同じ感覚で、窓口や外務員の言うままに投資して後で痛い目にあうことが ないように、きちんと説明を求めましょう。日本の銀行と異なり、対応してくれるのは、経験豊かなプロフェッショナルばかりです。そういう意味では、分かりやすく、きちんとリスクなども教えてくれるはずです。

 

PIファンドだからといっても、通常のファンドと同様に扱ってくれるはずです。

本連載は、2016年4月5日刊行の書籍『グローバル資産防衛のための「香港銀行口座」活用ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載の記載の内容は情報の提供および学習を目的としたものであり、本連載を用いた運用は、必ずご自身の責任と判断によって行ってください。また、本連載の内容に関して運用した結果については、著者および株式会社幻冬舎メディアコンサルティング、合同会社幻冬舎ゴールドオンラインはいかなる責任も負いかねます。また、本書に記載されている情報は2016年4月現在のものであり、今後変更されることがあります。

「海外口座」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「香港」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載香港「プロフェッショナル投資家」になる方法とメリット

経済ジャーナリスト

雑誌編集者等を経て1982年に独立し、経済、金融などのジャンルに特化したフリーのライター集団「ライトルーム」を設立。雑誌、新聞、単行本などで執筆活動を行う他、テレビ、ラジオ等のコメンテーターとしても活動している。

著者紹介

グローバル資産防衛のための 「香港銀行口座」活用ガイド

グローバル資産防衛のための 「香港銀行口座」活用ガイド

岩崎 博充

幻冬舎メディアコンサルティング

世界有数の金融センター香港の魅力から、現地金融機関の特徴、日本人に最適な銀行での具体的な口座開設手順、さらには購入可能な金融商品と運用のポイントまで海外銀行口座の活用方法を徹底ガイド!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧