髙松建設の物件が「オーナーと入居者」双方から支持される理由

安定収入源の確保や相続対策のために重用される土地活用。賃貸物件の経営が一般的だが、高い空室率で苦しんでいるオーナーも少なくない。そんな中、C&Cカンパニー(Consultant Construct Company)を掲げる髙松建設では、高い施工技術に裏打ちされた「確かな物件」を提供することで、後々まで稼動が落ちない「安定した賃貸経営」の実現を後押ししている。この10月に創業100周年を迎えた同社の取り組みについて、常務執行役員の井本清司氏と黒木惠二氏が解説する本企画。第3回目は、髙松建設が手掛ける賃貸物件が「オーナーと入居者」双方から支持される理由についてお話を伺った。

「最適な資金計画づくり」も万全サポート

――前回は貴社の営業手法についてお話を伺いましたが、コンサルティングの部分に時間をかけるということでした。

 

黒木 普通の建築会社だと、建築プランの提案から着工に至るまでのスパンは半年~1年ですが、当社では数年かかる場合があります。

 

――少々、効率が悪いようにも思えますが……。

 

髙松建設株式会社 千葉支店
常務執行役員 支店長 黒木 惠二 氏
髙松建設株式会社 千葉支店
常務執行役員 支店長 黒木 惠二 氏

黒木 お客様にとっては人生を左右する、何十年先まで引き継がれる大きな買い物です。契約するまで大きな不安を抱えていらっしゃいますので、その不安を一つ一つ解決するために、あせらずじっくり時間をかけて、ご納得いただくまで何度も打合せをします。すべてご納得いただいた上でご契約いただきたいので、このコンサルティングの時間は削ることができません。

 

――他社との競合もあると思うのですが、貴社の建築費は同業他社に比べてどうなのでしょうか?

 

黒木 当社の建築費自体は、提案時では他社より高い場合が多いですね。ですから、他社と競合すると負けてしまうこともあるのですが、そもそも価格が違うのは当社が他社とは違うものを造っているから。実は他社の場合、見積もりの段階では安くても、実際にはさまざまなコストが追加されて、結局は当社の見積もりよりも大幅に高くなってしまった、なんてことが往々にしてあるようです。

 

――マンション1棟を建築する際にかかる費用など、オーナーの方々は心配になる部分だと思いますが、貴社のファイナンスのサポート体制についてお聞かせください。

 

井本 お客様が賃貸経営で確保されたい収入や借入条件などを踏まえて、最適な資金計画づくりをサポートいたします。お借入れ先のご紹介は、借入条件を含めた最もメリットのある所をご選択いただけますし、もちろん、オーナー様ご指定の金融機関でのお申込みも可能です。

 

建築にあたっては、都道府県・市区町村から助成可能な補助金や、事業法人での消費税還付など、借入以外の資金サポート方法をご提案します。その他、不動産取引や相続実務を得意とする、当社顧問税理士からの専門的な助言や実務サポートなど、万全な体制で最大限のバックアップをいたしますので、オーナー様にはご安心いただけると思います。

 

[PR]2018年1月17日(水) 無料セミナー@幻冬舎(東京)
 過当競争の時代に勝てる!「確かな収益物件」のつくり方

周辺の環境にマッチした「程よく個性的」なデザイン

――貴社の物件は抜群の入居率を誇っていますが、入居者が部屋を選ぶポイントとは何でしょうか?

 

髙松建設株式会社 東京本店
取締役 常務執行役員 井本 清司 氏
髙松建設株式会社 東京本店 取締役 常務執行役員 井本 清司 氏

井本 まずはセキュリティーですね。オートロックは分譲マンションでは標準設備ですが、賃貸マンションではついていない所もまだ多い。あとは防音です。せっかく気に入っていた部屋でも、騒音トラブルで近所と揉めて引っ越さざるを得ない、なんてことが結構多いんです。当社のマンションは生活音に配慮した構造なので、これまで騒音に関するクレームが来たことはほとんどないですね。

 

――賃貸といえども、分譲マンションに迫るクォリティーなわけですね。やはり家賃も高いのですか?

 

井本 都心部の物件はワンルームや1Kだと坪1万1,000~1万2,000円、ファミリータイプだと坪1万円~なので、やはり高級賃貸になりますよね。家賃は他と比較して少し高くても、物件自体が良いので、値段より品質を重視する方が多く住まわれています。

 

――では、逆にオーナーさんが貴社の物件を選ぶポイントとは?

 

井本 ご自身の所有物という愛着があるのでしょうか、外観のデザインを一番重視されますね。当社ではデザインも社内で行っていますが、コストを抑えるために同一規格にしたりすることなく、どれ1つとして同じものがないオリジナルなデザインばかりです。かといって、尖りすぎたデザインではなく、周辺地域の環境にマッチした程よく個性的なデザインで、オーナー様から好評をいただいています。

 

また、施工実績が4,000棟以上あることや、設計部員が200名近く在籍している事も当社ならではのポイントとなり、お客様も安心してご発注いただいております。

 

周囲の環境に溶け込むオリジナルなデザイン
周囲の環境に溶け込むオリジナルなデザイン

 

[PR]2018年1月17日(水) 無料セミナー@幻冬舎(東京)
 過当競争の時代に勝てる!「確かな収益物件」のつくり方

取材・文/牧 隆文 撮影/永井 浩(人物)
※本インタビューは、2017年10月12日に収録したものです。

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載“100年の建築技術”による「確かな収益物件」の圧倒的強み

髙松建設株式会社 東京本店・取締役 常務執行役員

1961年生まれ。1984年東海大学工学部卒業後、㈱髙松組(現 髙松建設㈱)へ入社。工事部配属により施工管理を5年経験後、営業部へ配属。以来、エリアに密着した営業スタイルで、永きに渡りお客様の抱える問題を解決してきた。2015年に取締役常務執行役員に就任し、営業部の統括責任者を担っている。

著者紹介

髙松建設株式会社 千葉支店・常務執行役員 支店長

1959年生まれ。1984年鹿児島大学工学部卒業後、㈱髙松組(現 髙松建設㈱)へ入社。工事部配属により施工管理を12年経験後、営業部へ配属。主に千葉エリアを担当し、トップ営業マンとして常に最前線で活躍し続け、柏営業所長、千葉支店長を経て2015年に常務執行役員に就任。以来、井本と共に営業部の統括責任者として企業を牽引している。

著者紹介