その他セミナー 無料

ブロックチェーンの課題と
地に足がついた電子記録債権 ~日本のフィンテックの向かう方向


日 時 2018年3月27日(火)15:00~16:30
会 場 幻冬舎/渋谷区千駄ヶ谷 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7Mapmap
講 師 宿輪 純一帝京大学経済学部経済学科 教授 小倉 隆志Tranzax株式会社 代表取締役社長
参加費無料
対 象下請事業者を多数抱える企業のCEO及びCFO 企業の管理部門の管理職・財務担当の方
主 催Tranzax株式会社/幻冬舎ゴールドオンライン
予定内容

ブロックチェーンの課題と
地に足がついた電子記録債権

~日本のフィンテックの向かう方向

 

・先進的な日本の金融システムを作り上げた「決済」の歴史

・「金融業務」「付帯業務」「仮想通貨」―フィンテックで注目したい3分野

・フィンテックで成長する「付帯業務」とその課題とは?

・「仮想通貨とブロックチェーン」の実用はなぜ困難なのか?

・ブロックチェーンは金融の何を変えるのか?

・金融の「電子化」がもたらす社会的な影響

・フィンテックの大本命が「手形の電子化」と言える理由

・銀行の融資体制を一新する「電子記録債権」の可能性

・サプライヤーに資金繰りを劇的に好転させる

 「POファイナンスとは?」

※都合によりセミナータイトルが
『フィンテックの未来図電子記録債権のすべてが分かるセミナー
高成長が期待される「フィンテック」の真実とは?』
から改題になりました。
セミナー内容に大きな変更はございません。

講師紹介
宿輪 純一 帝京大学経済学部経済学科 教授 帝京大学経済学部教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師。博士(経済学)
慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行に入行
1998年三和銀行に転職、企画部等担当、
2002年合併によりUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務
2006年合併により三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務
2015年4月より現職
主要図書:『決済インフラ入門』(東洋経済)、『通貨経済学入門』(日経新聞)
小倉 隆志 Tranzax株式会社 代表取締役社長 一橋大学卒業後、野村證券株式会社に入社
2004年4月株式会社エフエム東京執行役員経営企画局長就任
2007年4月株式会社CSK-IS執行役員就任
2009年株式会社日本電子記録債権研究所(現Tranzax株式会社)を設立