書籍詳細

『最強の京都「町家」投資』

最強の京都「町家」投資

児玉 舟

出版社名:幻冬舎

発行年月:2018年9月

今、もっとも投資する価値が高いのは「京都の町家」だ!
効率的なオペレーション・改装のポイント・集客……
町家宿泊施設ビジネスのすべてを徹底解説。

着実に利益の上がる投資物件が枯渇しつつあるなか、
不動産投資で年平均6~7%という高い利回りを上げ安定的な収益を得ることに成功している会社がある。
この会社では、老朽化した京都の町家をリノベーションし、宿泊施設として再利用。
一棟貸し宿や遊休地を活用した町家テイストのホテルタイプ宿泊施設を、旅行者に提供している。

一部の投資家から、すでに有望な投資物件として注目を集め始めている「町家」。
本書では、これまで知られていなかった京都「町家」投資ビジネスの全貌を明らかにし、
「京町家」の希少性や投資対象としての収益性、将来性など、価値ある魅力を実例とともに丁寧に解説する。

株式会社レアル
代表取締役

1969年生まれ。建築・不動産会社に15年勤務した後、2013年京都にて株式 会社レアルを設立、代表取締役就任。少子高齢化の進行による空き家の増加に着目し、伝統的な京町家を宿泊施設として保存・再生する事業を手がける。建築・不動産業界での経験を強みとして、「鈴(りん)」「Rinn」のブランドで立地開発から設計、建築、運営まで一貫して行う事業をいち早く確立。事業開始からわずか2年でホテル13棟を含む47の宿泊施設を開業、2020 年度中にさらに100施設の開業を計画している。伝統的な京都の街並みを守りながら地域に溶け込み、地場産業と連携してインバウンド事業に取り組む姿勢が、多くの投資家の共感を集めている。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧