記事一覧

税金

身近にありながら、よくは分からないものの代表のひとつが税金。納税者は個人なのか法人なのか、課税主体は国なのか県なのか、控除額や最新の減税制度はどうなっているのか、複雑に絡まりあううえに、税制は基本的に毎年変わってもいきます。しかし、税金から逃げることは不可能である以上、いかにうまく付き合い、資産の防衛やスムーズな継承を成功させるかを、実践的に学ぶ必要があるでしょう。このページでは「税金」に関する記事をまとめています。

富裕層の資産防衛…専門家の「包括的アドバイス」が有効なワケ
国際税務
[連載] 富裕層から圧倒的支持を受ける「資産防衛スキーム・2020」 税理士法人ネイチャー国際資産税
【最終回】富裕層の資産防衛…専門家の「包括的アドバイス」が有効なワケ | 芦田 敏之
「資産承継期」に重要な役割を果たす…国内不動産の魅力とは?
国際税務
[連載] 富裕層から圧倒的支持を受ける「資産防衛スキーム・2020」 税理士法人ネイチャー国際資産税
【第4回】「資産承継期」に重要な役割を果たす…国内不動産の魅力とは? | 芦田 敏之
税理士も見誤る⁉ 海外資産に関する「税務処理」の落とし穴
国際税務
[連載] 富裕層から圧倒的支持を受ける「資産防衛スキーム・2020」 税理士法人ネイチャー国際資産税
【第3回】税理士も見誤る⁉ 海外資産に関する「税務処理」の落とし穴 | 芦田 敏之
富裕層にとっては常識?「資産管理会社」設立の優位性とは
国際税務
[連載] 富裕層から圧倒的支持を受ける「資産防衛スキーム・2020」 税理士法人ネイチャー国際資産税
【第2回】富裕層にとっては常識?「資産管理会社」設立の優位性とは | 芦田 敏之
富裕層の税金対策としての「海外不動産投資」…今後どうなる?
国際税務
[連載] 富裕層から圧倒的支持を受ける「資産防衛スキーム・2020」 税理士法人ネイチャー国際資産税
【第1回】富裕層の税金対策としての「海外不動産投資」…今後どうなる? | 芦田 敏之
税制改正大綱(令和2年度)発表…海外不動産節税を封じ込めへ
節税
[連載] 令和2年度(2020)税制改正大綱を読む
税制改正大綱(令和2年度)発表…海外不動産節税を封じ込めへ | GGO編集部
出国だけで課税? インバウンドも狙い撃ち「国際観光旅客税」
国際税務
[連載] 税務、会計、経営…税理士が教える「混沌社会」を生き抜くための資産防衛ノウハウ
【第15回】出国だけで課税? インバウンドも狙い撃ち「国際観光旅客税」 | 光田 周史,ひかり税理士法人
米国の会計税務…会社名義で購入した車の最新「償却」ルール
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務情報
【第4回】米国の会計税務…会社名義で購入した車の最新「償却」ルール | 五十川 裕久
税務当局も注視! 日米関連会社間の「移転価格問題」の実態
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務情報
【第4回】税務当局も注視! 日米関連会社間の「移転価格問題」の実態 | 五十川 裕久
日本の相続税…「配偶者の相続割合」が大きいほど得なのか?
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務情報
【第3回】日本の相続税…「配偶者の相続割合」が大きいほど得なのか? | 五十川 裕久
日米間にまたがる相続問題・・・迷いやすいケースとその回答
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務情報
【第2回】日米間にまたがる相続問題・・・迷いやすいケースとその回答 | 五十川 裕久
米国税制改正・・・固定資産税の支払いルールはどう変わる?
国際税務
[連載] 現地の実務家会計士によるアメリカの最新会計税務情報
【第1回】米国税制改正・・・固定資産税の支払いルールはどう変わる? | 五十川 裕久
日本とフィリピン・・・関係会社間取引における留意点
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【最終回】日本とフィリピン・・・関係会社間取引における留意点 | 久野 康成
フィリピン-日本間で動く人・カネ…国際税務上の留意点は?①
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第6回】フィリピン-日本間で動く人・カネ…国際税務上の留意点は?① | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…統括会社とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【最終回】タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…統括会社とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制の「非関連者基準」を満たす事例
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第11回】タックス・ヘイブン対策税制の「非関連者基準」を満たす事例 | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス 日本の親会社に利益を還流するには?
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第5回】フィリピンでのビジネス 日本の親会社に利益を還流するには? | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…「管理支配」とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第10回】タックス・ヘイブン対策税制適用除外の要件…「管理支配」とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制が「適用除外」となる条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第9回】タックス・ヘイブン対策税制が「適用除外」となる条件 | 髙橋 幸之助
「タックス・ヘイブン対策税制」が作られた背景
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第4回】「タックス・ヘイブン対策税制」が作られた背景 | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制における「間接保有」とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第8回】タックス・ヘイブン対策税制における「間接保有」とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制の対象となる内国法人の例
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第7回】タックス・ヘイブン対策税制の対象となる内国法人の例 | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」②
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第3回】フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」② | 久野 康成
タックス・ヘイブン対策税制が適用される国内法人の条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第6回】タックス・ヘイブン対策税制が適用される国内法人の条件 | 髙橋 幸之助
特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法②
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第5回】特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法② | 髙橋 幸之助
フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」①
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第2回】フィリピンでのビジネス展開に関わる「税務の問題」① | 久野 康成
特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第4回】特定外国子会社等の要件となる「租税負担割合」の計算方法 | 髙橋 幸之助
「合算課税」の適用法人となる株式会社の基準とは?
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第3回】「合算課税」の適用法人となる株式会社の基準とは? | 髙橋 幸之助
タックス・ヘイブン対策税制が適用となる外国関係会社の条件
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第2回】タックス・ヘイブン対策税制が適用となる外国関係会社の条件 | 髙橋 幸之助
日本における「タックス・ヘイブン対策税制」の概要
タックスヘイブン
[連載] Q&Aと図解でわかる「タックス・ヘイブン対策税制」の基礎知識
【第1回】日本における「タックス・ヘイブン対策税制」の概要 | 髙橋 幸之助
フィリピンの「租税法」の特徴と「税目の種類」
国際税務
[連載] 進出を考える企業必見!フィリピン「税金・税務」の基礎知識
【第1回】フィリピンの「租税法」の特徴と「税目の種類」 | 久野 康成
平成29年度税制改正 「高度人材外国人」の相続税納税義務
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第3回】平成29年度税制改正 「高度人材外国人」の相続税納税義務 | 木村 道哉 メルマガ会員限定記事
29年度税制改正大綱 相続税・贈与税「納税義務」の重要改正点
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第2回】29年度税制改正大綱 相続税・贈与税「納税義務」の重要改正点 | 木村 道哉
会計検査院が問題視 海外中古不動産の「減価償却」活用スキーム
国際税務
[連載] 国際税務専門の異色弁護士による「国際相続&税務」の最新事情
【第1回】会計検査院が問題視 海外中古不動産の「減価償却」活用スキーム | 木村 道哉
国外転出時課税と贈与税はダブルで課税されるのか?
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【最終回】国外転出時課税と贈与税はダブルで課税されるのか? | 菅野 真美
相続税の計算における国内財産・国外財産の「区分」の方法
国際税務
[連載] 実例で考える国外転出時課税と国際相続
【第3回】相続税の計算における国内財産・国外財産の「区分」の方法 | 菅野 真美

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧