[連載]ニューノーマル時代の賃貸経営「ミュージション」の絶対的優位性

新型コロナウイルス感染症の流行は、賃貸住宅経営にも大きな影響を与えています。これからの賃貸経営を検討している地主や投資家にとって、なにが投資の正解なのかがますますわかりにくい時代になったといえるでしょう。そのような環境変化のなかでも、安定した稼働率、そして賃貸収益の実績で大きな注目を集めているのが、24時間楽器演奏可能な賃貸マンション「ミュージション」です。同シリーズを提供している株式会社リブラン資産活用部の舘康之氏に、その優位性の理由や将来性について伺いました。

本連載の著者紹介

株式会社リブラン 資産活用部

1984年2月生まれ。青森県出身。
IT営業、太陽光発電事業を経て、不動産業に興味を持ち、リブランに入社。

入社後、資産活用部を経て、実際の入居者の声を聞くべくミュージション事業部に配属。現在は土地所有者様にむけた、音楽居住環境として音楽を愛する方に喜んで住んでもらえるミュージションの提案に注力。ミュージション事業部での経験を活かし、 現入居者の生の声を土地所有者様へ伝えることでミュージションをもっと知っていただきたいと、日々業務に取り組んでいる。

著者紹介