[連載]2018年不動産マーケット大恐慌!? 勝ち組オーナーになるための損切り&リカバリー術

上がる上がると言われ続けて一向に上がらない超低金利時代には最適の投資と喧伝され、当然のごとく巻き起こった不動産ブーム。しかし今年初め、一部の銀行のずさんな審査体制が露呈し、融資は冷えこみを見せ始めた。本企画では、今後起こり得る不動産投資マーケットの「大崩壊」を前に、リスクを避け勝ち抜ける術を、「一般社団法人首都圏小規模住宅協会」の会長である小島拓氏に解説していただく。

本連載の著者紹介

一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事

都心のワンルームマンションを販売する不動産会社にて業界経験を積み、2014年7月、独立し不動産会社を設立。2017年には自社ブランドマンションをリリースする。2018年度は業界の健全化を図る目的で「一般社団法人首都圏小規模住宅協会」を発足し、ビジネス面以外にも力を入れ、活動の幅を広げていく。

著者紹介