[連載]スゴ腕サージャンが解説!最高の白内障手術

※本連載は、中原将光氏の著書『最高の白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

中原眼科 院長

東京都武蔵野市生まれ。私立海城学園卒業後に国立浜松医科大学へ入学。医師免許取得後、2003年に東京医科歯科大学病院眼科の網膜硝子体グループにて研修を積み、2005年に深作眼科へ勤務。同時に横浜市大眼科医局に属し横浜市大センター病院にて網膜硝子体疾患の診療に非常勤医師として従事。

その後、国際親善病院眼科、県立足柄上病院の部長を歴任し地域医療に貢献。そして、深作眼科 副院長 兼 横浜院管理責任者就任。

手術の技術を求め、フリーランスの外科眼科医として全国で依頼手術を行い、気がつけば誰もが断る最高難度手術も引き受ける諦めないという技術とタフさを身につける。

理想の診療と手術を提供するため、中原眼科を開院。

<所属学会・資格>
アメリカ眼科学会、アメリカ白内障屈折矯正学会、ヨーロッパ白内障屈折手術学会、日本眼科学会認定専門医、日本抗加齢学会認定専門医、近視矯正手術ICL認定医、DSEAK角膜内皮移植認定医、緑内障iStent認定医、VISXエキシマレーザー認定医、VISXフェムトセカンドレーザー認定医、オルソケラトロジー認定医、光線力学療法(PDT)認定医、身体障害者福祉法指定医

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧