「疲れている人」は約6割から”約8割”に

ぶしつけですが、あなたは今、疲れていませんか?

おそらく、「すごく疲れている」か、「まあまあ疲れている」のどちらかではないかと思います。

なぜそういえるのでしょうか。

われわれ日本リカバリー協会は、就労者10万人を対象に、疲労に関する調査をおこなっています。その結果、ここ数年は全体の約8割が疲労を抱えて生活していることが判明しているのです。

今からさかのぼること二十数年前、1999年に厚生省が60代までの就労者を対象に疲労度の調査をしたことがあります。このときは、「疲れている」と答えたのは就労者の約6割でした。

つまり、疲れた日本人は約25年で約6割から約8割に増えたことになります[図表]。

抜粋
[図表]疲労感の推移 出所:『休養学: あなたを疲れから救う』(東洋経済新報社)より抜粋

約8割とは、「大多数の人が疲れている」といってもいい、驚きの数字です。日本人の「疲れ」は深刻な状況だともいえます。

私たちの調査結果を男女別でみると、男性は76.8%が「疲れている」、あるいは「慢性的に疲れている」と答えています。

一方の女性は80.1%が「疲れている」、あるいは「慢性的に疲れている」と答えているので、女性のほうが疲れているといえます。男女を平均すると78.4%です。