(※写真はイメージです/PIXTA)

厚生労働省のレポート「令和4年 賃金構造基本調査」によると、日本のサラリーマンで、いわゆる平社員の平均給与(所定内給与額)は28万1,600円です。本記事では平均給与、そして平均年金受給額について見ていきましょう。

65歳以上世帯の「年金受給額」「支出額」はいかに

「老後2,000万円不足する」「いや、余裕がある暮らしには3,500万円は必要だ」「そんなには必要ないはずだ」……。老後資金にまつわる様々な論争が存在します。

 

老後の貯金や支出も気になるところです。厚生労働省「平成29年 年金制度基礎調査(老齢年金受給者実態調査)」を見ていきましょう。

 

65歳以上の配偶者あり世帯において、貯蓄額階級別構成割合をみると「100~300万円」が15.4%と最も高く、次いで「300~500万円」が11.3%となっています。では、毎月の支出はいくらぐらいになるのでしょうか。

 

■支出額状況

 

配偶者あり世帯の本人及び配偶者の支出額階級(月額)別構成割合をみると、「20~25万円」が19.9%と最も高く、「25~30万円」が18.8%と続きます。

 

配偶者なし世帯の本人の支出額階級(月額)別構成割合をみると、男性では「15~20万円」が17.3%と最も高く、「10~15万円」が17.2%と続きます。女性では「10~15万円」が21.8%と最も高く、「15~20万円」が15.4%と続きます。単身者の平均支出額(月額)は男性16.9万円、女性14.2万円となっています。

 

では支出金額に対し、もらっている年金はいくらなのでしょうか。

 

■受給状況


公的年金(共済組合の年金、恩給を含む)の年金額階級別構成割合をみると、男性では「200~300万円」が42.2%、「100~200万円」が30.0%となっています。平均額がもっとも高いのは80~84歳で、半数以上が「200万円以上」の年金を受給しています。女性では「50~100万円」が40.7%、「100~200万円」が32.4%となっています。平均額がもっとも高いのは85~89歳で、半数以上が「100万円以上」の年金を受給しています。

 

ちなみに現役時代、正社員中心だった男性の平均年金額は208.4万円。女性の場合は139.3万円となっています。

次ページ「年金制度が破綻していることは全くありません。」

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ