(※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍、実生活と景況は大きく二分され、日本、そして世界全体の格差が浮き彫りになった。総務省『家計調査 1世帯当たり1ヵ月間の収入と支出(総世帯)』などとともに現状を追っていこう。

資産家こそ現金を持たない

今年の世界長者番付は確認済みだろうか。フォーブズの発表によると、2023年版の1位はベルナール・アルノー「2110億ドル(約27兆8500億円)」、2位イーロン・マスク「1800億ドル(約23兆7600億円)」、3位ジェフ・ベゾス「1140億ドル(約15兆500億円)」。皆、円換算で「兆」を優に超える資産家だ。

 

株価下落、金利上昇による煽りを受け2023年の億万長者は前年より28人減る結果となった。また長者番付に掲載された日本人の数は前年より1人減少した。

 

日本国内での1位はファーストリテイリングの会長兼社長・柳井正氏「326億ドル(約4兆3000億円)」で、世界では39位となった。

 

この異様ともいえる歪みは日本でも同様に見られ、コロナ初頭の2019年、富裕層・超富裕層の世帯数は2005年以降で最多となった(野村総合研究所調べ)。資産5億円以上の「超富裕層」の数はおよそ8.7万世帯。合わせて97兆円を保有しているという。

 

考えるだけで途方もない数字だが、富裕層たちはこっそりほかの資産を抱えているだろうし、(税逃れのための)隠れ資産を持つ「名無しの富豪」は、至るところに潜んでいる。

 

資産と一言で片づけているが、その種類は実に様々だ。そして、俗にいう「お金持ち」ほど、現金を持たない傾向がある。株、債券、不動産、金(ゴールド)、美術品……富裕層が現金所持を避けるのは、「貯蓄のリスク」を理解しているからだ。

次ページ投資意欲はあるものの…まだまだ根強い現金至上主義

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ