(※写真はイメージです/PIXTA)

『平成30年度 住宅市場動向調査』(国土交通省)とともに、日本の住宅とお金事情について見ていきます。

「日本の住宅」6割以上は持ち家の実態

■持ち家率は6割超え

 

『平成30年住宅・土地統計調査結果』(総務省統計局)によると、持ち家は日本に約3,280万2千戸あり、住宅総数に占める割合の61.2%を占めています。

 

一方の借家は1,906万5千戸で、全体値の35.6%。内訳としては、「民営借家」が1,529万5千戸と最も多く、「公営の借家」192万2千、「給与住宅」110万戸、「都市再生機構(UR)・公社の借家」74万7千戸(同1.4%)と続きます。

 

これらは法人が使用している住宅も含めた「日本の建物」の総計です。では、日々の住まいの実態はどうでしょうか。まずは住宅の規模から見ていきましょう。

 

■根強い新築人気…中古住宅は2割を切る結果に

 

持ち家について、住宅の購入・新築・建て替え等別にみると、「新築(建て替えを除く)」が990万2千戸(持ち家総数に占める割合30.2%)と最も多く、「新築の住宅を購入」738万9千戸(同22.5%)、「建て替え」565万6千戸(同17.2%)と続きます。「中古住宅を購入」は極めて少なく、483万3千戸(同14.7%)。

 

「誰かが住んでいたところを買うのはちょっと…」という声はよく聞かれるものです。また、日本の住宅では「経年劣化」の考え方が通例です。家の価値は経年とともに下がり続けるものであり、売却や相続のことを踏まえて新築を購入する人が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに米国では、住宅流通量の82%は中古住宅(2017年時点)。根強く新築が好まれているのは日本特有であることが窺えます。

 

■住宅ローン年間返済額は、全国平均で116.5万円


国土交通省『平成30年度 住宅市場動向調査』によると住宅ローン年間返済額は、全国平均で116.5万円、三大都市圏平均で131.6万円です。

 

さらに詳しく見ていきましょう。住宅ローン年間返済額は、分譲戸建住宅取得世帯で平均116.7万円、分譲マンション取得世帯で平均130.9万円。また、年収に対する住宅ローンの返済負担率は、それぞれ平均17.5%、16.4%です。

 

中古住宅のローン年間返済額は、中古戸建住宅取得世帯で平均115.3万円、中古マンション取得世帯で平均104.3万円となっています。

 

新築や中古住宅では、返済金間や金利によって返済額に差がでるためあくまで平均値ですが、いずれにせよ、家計の支出に大きく影響する数字です。

次ページ「借家」の家賃はいくら?…問われる「住まいの選択」

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ